文学・文具・文化 趣味に死す!

小説家 星香典(ほしよしのり)のブログ。小説、映画、ファッション(メンズフォーマル)、政治、人間関係、食い物、酒、文具、ただの趣味をひたすら毎日更新し続けるだけのブログ。 

10 映画、映像作品

記憶にございません 三谷幸喜 を観た

記憶にございません! メディア: Prime Video ネタバレ無し。 昔から三谷幸喜作品は好きであった。これもかなり楽しみにしていた。プライムになったのは嬉しい限りである。 内容としても、三谷作品という感じで安心してみられる。 ただ、そこまで傑作かと言…

晩春 小津安二郎 を観た

晩春 メディア: Prime Video ちょっと観た映画が溜まっているので、三夜連続映画レビュー。 さて、この晩春。東京物語とキャストが同じである。 三谷幸喜も同じようなキャストを使うが、三谷の場合は役柄が毎回全然違う。 しかし、これは役柄も何となく似て…

インファナル・アフェア 第三章 を観た。

インファナル・アフェア3 終極無間(字幕版) メディア: Prime Video 一章の後日談と、一章の背景に触れた作品である。 ネタバレ有り。 第一章は上質なサスペンス。 第二章は浪花節。 第三章は……蛇足かな。折角のピカレスク作品が台無しである。勧善懲悪作品…

インファナル・アフェア 第二章 を観た。

インファナル・アフェア 無間序曲(字幕版) メディア: Prime Video 第一章の続きではなく、第一章の前日譚である。 役者が第一章のダブル主演の青年時代の若者で、ちょっとちゃちい。 話の内容は第一章のような手に汗握る冷や冷やドキドキのスリリングなも…

TENET テネット を映画館でimaxで観た

テネットを映画館でimax2300円払って観てきた。 音が大きかった。 内容であるが、過去に行って時間を遡ったり、過去に行って時間を順行したり、と要するに、よくわからなかった。 まぁ、過去に行って未来を変える、と言うのはありふれた話で新しくはない…

東京物語 小津安二郎 を観た

東京物語 メディア: Prime Video 訳あって小津作品を観なければならず、一番有名どころをとりあえず観た。 わたしは映画好きを自称しているくせに、小津安二郎の作品は観たことがなかった。もちろん名前は知っていた。が、いざ検索しようと、OZUと打って変換…

インファナル・アフェア を観た

インファナル・アフェア 無間道(字幕版) メディア: Prime Video 原題は無間道。無間地獄のことである。 英語タイトルが「インファナル・アフェア」 最悪な仕事 とでも訳そうか。 英語圏の連中に無間地獄と言ってもなんのことかわからない。一応仏教圏であ…

ラスト・クリスマス を観た

ラスト・クリスマス (字幕版) 発売日: 2020/04/22 メディア: Prime Video ネタバレあり 女はとある男に惹かれる。しかし、距離が縮まらない。 女は一年前に心臓移植を受けていた。実は、女に移植されたのはその男の心臓で、女は男の幽霊と付き合っていた! …

サムライ先生 を観た

サムライせんせい 発売日: 2019/04/26 メディア: Prime Video なかなか面白かった。武市半平太というのがまた微妙で良い。 過去の偉人が現代に蘇る、というのはよくある設定で、最近では帰ってきたヒトラーが有名だろうか。 帰ってきたヒトラー(吹替版) 発売…

Viva!公務員 を観た

Viva!公務員(字幕版) 発売日: 2017/12/13 メディア: Prime Video 前回、あり得ないほどツマラナイ映画を観た。 今回は、めっちゃ面白かった。 公務員削減、早期退職の嵐を主人公が乗り切る。 イタリアも日本に負けないくらいの公務員天国。公務員という特…

コロニー5 を観た

コロニー5(字幕版) メディア: Prime Video カナダ映画らしい。 地球の温暖化防止のために、天候調節システムを作った。そのシステムが効き過ぎて、地球は雪に閉ざされてしまい、激減した人類がコロニーに別れて生活するという話。 ある日、コロニー5にコ…

スタンドバイミー を観た

スタンド・バイ・ミー (字幕版) 発売日: 2016/03/18 メディア: Prime Video いやはや、名作中の名作である。 面白いのかと問われると、さほど面白くはないのだが、名作である。 ご存じの通り、少年達がだらだら線路の上を歩くという物語。 正直、子どもの頃…

日日是好日 を観た

久しぶりに静かに面白い映画を観た。樹木希林は名優である。黒木華は二十歳の役で出てるときはあまり可愛くないが、四十歳の役の時には実に美しい。この人も日本映画界になくてはならぬ女優であろう。 この映画は茶道を知っていたら、もっと楽しめたと思う。…

嘘八百 を観た

嘘八百 発売日: 2018/06/27 メディア: Prime Video 改めて中井貴一はいい役者だなぁと思った。 悪徳古美術商と悪徳鑑定士を騙すという内容。 骨董のうんちくなどがいろいろ出てきて面白い。 ただ、あんな簡単に騙して一億円も稼げるものなのだろうか? 贋作…

笑いの大学 を観た

笑の大学 舞台版 発売日: 2005/06/01 メディア: DVD 映画版もあるが圧倒的に劇場版のほうが好きだ。 わたしが演劇と言われて思いつくのはこの作品である。 だが…………、 実はこれ、演劇というよりコントなのではなかろうか。 登場人物は二人だけ。舞台装置もと…

第九軍団のワシ  を観た。感想、レビュー

なぜワシを漢字で書かなかったのだろうか。普通に「第九軍団の鷲」の方が格好いいと思う。「ワシ」では小林よしのりみたいじゃないか。 ギャグ要素は一切ない。至ってバカまじめな作品である。 ローマ軍の第9軍団がイングランドに攻めたはいいが、負けたあ…

書道ガールズ!! わたしたちの甲子園 を観た 感想 レビュー

書道ガールズ!! わたしたちの甲子園 発売日: 2018/02/21 メディア: Prime Video まずは話の本筋とは違うのだが、一番インパクトを受けたのは女尊男卑のすさまじさだ。 パワハラなんてレベルじゃない。男子は部員は奴隷扱い。人間扱いされていない。モノ扱い…

企画演劇集団ボクラ団義「飛ばぬ鳥なら落ちもせぬ」を観た

企画演劇集団ボクラ団義「飛ばぬ鳥なら落ちもせぬ」 メディア: Prime Video 時をかける206号室が面白かったのでこっちも観てみたが、難解度はさらに増していた。また録音が均一ではなく、ときどき台詞が聞こえない。 この時間が入り乱れるというのはこの…

企画演劇集団ボクラ団義「時をかける206号室」を観た

企画演劇集団ボクラ団義「時をかける206号室」 メディア: Prime Video アマゾンプライムで舞台も観られる。 わたしはちょっと戯曲でも書こうかな、と思って、しかし、舞台は何回か観たことがあるが、三谷幸喜の舞台以外は友人がやっている学芸会に毛が生えた…

EMMA/エマ 人工警察官 を観た

EMMA/エマ 人工警察官(字幕版) メディア: Prime Video フランス映画である。 ハリウッド以外の映画が観たくて選んだ。 ネタバレあり。 エマという美女アンドロイドがコンピューター的能力を駆使して事件をサクッと解決する。ただ、人の気持ちが分からない…

ワイルド・スピード/スーパーコンボ を観た

ワイルド・スピード/スーパーコンボ (吹替版) 発売日: 2019/11/27 メディア: Prime Video ワイルド・スピードではない。ただのアクション映画である。ワイルドスピードシリーズ、初のスピンオフ作品とのこと。 ちなみに、今年ワイルドスピードの最新作が公開…

コーヒーが冷めないうちに を観た 感想 レビュー

コーヒーが冷めないうちに 発売日: 2019/03/08 メディア: Prime Video 土日の引きこもり中に観た。 わたしはタイムリープものが好きである。 ただ、本作品は、「別に戻るまでもないんじゃないの?」という程度の戻り具合だ。 つまらなくはないので、ご覧にな…

空飛ぶ広報室 を観た。感想 レビュー

コロナよりも餅を喉に詰まらせて死ぬほうが多い、と小林よしのりのブログに書いてあったので、調べたら、1月だけで1300人死んだらしい。 コロナも落ち着いてきたし、ぼちぼち緩和政策に舵を切らないと。 と本心では思いつつ現実世界では周りの空気を乱さない…

今夜、ロマンス劇場で を観た

今夜、ロマンス劇場で 発売日: 2018/08/17 メディア: Prime Video ネタバレあり。 ミッツのミツ、が流行っているが、この作品は三つの時間軸がある。 まず、綾瀬はるかが映画になった大正?時代。 二つ目が牧野が助監督をやっていた昭和30年代 三つ目が、…

翔んで埼玉 を観た

翔んで埼玉 発売日: 2019/09/11 メディア: Prime Video 話題になっていた翔んで埼玉。面白かった。普段埼玉が言われていることを、戯画化して作ったとでも言おうか。 ただ、千葉県民と埼玉県民が協力して都知事の悪を暴くというシナリオであるが、どれほど追…

ラッキー を観た

ラッキー(字幕版) 発売日: 2018/12/05 メディア: Prime Video 一応ネタバレあり。ミステリーとかのネタではないが。 90歳の頑固おじいさんが毎日元気に頑固に暮らす。それだけ。 ただ、めちゃくちゃ評価が高いのである。 おそらく、この作品の真価は棺桶に片…

鬼滅の刃 を観た

イタリアでは毎日何千人もの感染者が確認されている。 イタリアでは不要の外出が禁止されている。 数千人の感染者を確認するためには、その数倍の検査が必要である。どのようにして外出が禁止されているイタリア人に大量の検査を受けさせることが可能なのだ…

ウインド・リバー を観た 感想 レビュー

そういえば去年でトヨタマークXの生産が終了した。 マークXはマークⅡの光景である。マークⅡはいまや幼稚園児でも知ってる「コロナ」が元である。 トヨタもマークXの新型を出さなくて正解である。もし出てたら絶対に、「新型コロナ」と呼ばれていただろう。 …

移動都市/モータル・エンジン  を観た 感想 レビュー

移動都市/モータル・エンジン (字幕版) 発売日: 2019/07/24 メディア: Prime Video 荒唐無稽のハチャメチャSFアクションである。これは映画館で観るべきかも知れない。おそらく、スクリーンで観たら迫力が違っただろう。 そもそも都市が移動する必要がある…

ジョニー・イングリッシュ/アナログの逆襲 を観た 感想 レビュー

ジョニー・イングリッシュ/アナログの逆襲 (字幕版) 発売日: 2019/03/27 メディア: Prime Video 気休めの報酬は途中まで観て全部見るのを忘れていた。 どちらも、最高に面白いのである。 いうまでもなく、007のパロディである。Mr.ビーンがジェイムス・ボン…