文学・文具・文化 趣味に死す!

小説家 星香典(ほしよしのり)のブログ。小説、映画、ファッション(メンズフォーマル)、政治、人間関係、食い物、酒、文具、ただの趣味をひたすら毎日更新し続けるだけのブログ。 

09 文具 stationery

オレンズ 0.2mm

ぺんてる シャープペン オレンズネロ 0.2mm PP3002-A メディア: オフィス用品 わたしが持っているのは普通のオレンズである。Amazonのリンクはオレンズネロという超高いシャーペンなり。 ところで、二日落とした。っていうか、連続更新し続けていると思って…

墨を磨るべきか 文房清玩

昨日の続きではないが、最近読んだ文房四宝入門で北畠氏は以下のように述べている。 「ちかごろの書道は既成の墨液を使ってやっている人もいるそうだが、はたしてそれが書道だといえるだろうか。墨をする時間が面倒なくらいだったら、いっそのこと書道などや…

筆の糊がため

ばらばらになった筆を糊で固める。 デンプン糊がいいらしい。 百均で買ってきた。 ヤマト でんぷんのり ヤマト糊 ボトル 800g P-NO25 メディア: オフィス用品 あと、櫛も必要だ。 髭用の櫛をやはり百均で買った。 ひもを引っ張ってクルクルと糊を落としなが…

水の硬度で墨色はどのように変化するか。

中国は硬水だから唐墨は硬水で磨るべし。和墨は日本の軟水で。などという話がある。 実際どのくらい違うのだろうか。実験。 日本の水代表はいろはす硬度27だ! 中国の水は手に入らなかったので、硬水の代表は泣く子もだまるエビアン。 硬度304だ。いろはすの…

双料写巻 を買った

写巻は莫山先生が文房四宝の中で絶賛していた筆である。 写奏の正統な血筋を受け継ぐものが、双料写巻である。 わたしの行った店だと、双料写巻が600円で写巻が450円だった。 双料とは中国語でプレミアムみたいな意味だ。つまり、プレミアム写巻である。プレ…

文房四宝 筆の話 を読んだ

文房四宝 筆の話 (角川選書) 作者:榊 莫山 発売日: 1998/06/04 メディア: 単行本 1981年に上梓されている。四宝ということで、このほかにも、硯、墨、紙の話がある。 硯も読んだのだが、特段言及するほどのこともなく、大して面白いとも思わなかった。 が、…

uniペンを5本買うと鬼滅のクリアファイルがもらえる。

こういった人気アニメのノベルティグッズは、のちのちべらぼうに高くなるので、uniを一本欲しかったのであるが五本買ってしまった。 このクリアファイル、すでにメルカリで1000円である。さてさて、いくらになるだろうか。すくなくとも三年は寝かしたほうが…

ジフで硯の硯面を磨くと良いという話を聞いたので

右側を泥砥石、左側をジフで磨いてみる。 泥砥石はいつも通りだ。 ジフを垂らす。 歯ブラシを使って磨く。 磨いた後の硯面はこんな感じ。泥砥石はしっかり磨けてるのがわかる。 ジフ、磨けてるのか? 両方とも一分墨を磨ったあとに書いた。 泥砥石は研げてい…

硯の魔力 石の魅力

魅力という言葉は石のためにあるのかもしれない。 硯は眺めているだけでもいい。そんな魅力的な硯に使われる石の種類。これがまた無数に存在する。そして、硯の形も無数に存在する。集めても集めきれるようなものではない。 だが、巨大なものはともかく、手…

文房四宝

文房四宝とはよく言ったもので、いまハマりにハマって他のことが手につかない有様である。 元々文房具は好きだった。ペンやノートはいろいろこだわりを持って集めていた。 書の世界は、その極めつけとでも言おうか。 プラレールにハマっていた小学生がNゲー…

墨の箱を作った。

こんな墨をもらったわけである。もちろん、裸で。 で、このままにしておくわけにはいかないので、こいつを仕舞う箱を作った。 100均で買った厚紙に、墨に合わせて線を引く。 切り出す。 はさみは持っていたが、余りに切れないので新調した。 うーん。感激な…

墨ばさみを買った

この竹で出来ている至極簡単な構造のものが墨ばさみである。短くなって磨りにくくなった墨を磨るために使用する道具である。 名前の通り、はさむだけだ。 竹の棒を下に降ろすと墨を絞めるようになっている。誰が考えたか、こんな簡単な構造で実用的という。…

プラスチック硯

湊さんが想像つかないと仰っていたプラスチック硯。 裏表仕える。裏は墨池として使える。裏面には滑り止めのゴムもついている。 墨を磨ってみたが、これが不思議に磨れるのである。感覚的には墨を磨ると言うより、 「墨をプラスチックになすりつけていたら水…

硯を洗った

硯の墨というのは固まってしまうと本当に取れない。 硯には丘と海がある。盛り上がっているところが丘で、擦った墨をためておくところが海である。 丘には鋒鋩という細かい突起がある。この突起で墨を削って墨を下ろすのである。だが、洗わないと鋒鋩に墨滓…

硯の砥石

最近、ちょっとまじめに書道をやっているのである。 で、墨がなかなか擦れないな、と思ったので、もう20年近く使っている硯だったからちょっと研いでみることにした。 これが硯用の砥石である。なんかその辺に落ちている石と大差ない感じ。 こいつを墨をおろ…

墨池を買った

諸賢は墨池をご存じだろうか。墨池とは墨液を貯めておく容器である。学校の書道では、墨を使わないくせに硯を使う。硯を墨池がわりに使っている。正直謎である。最初から墨池を使った方が遙に合理的だと思う。 では。じゃーん。本物の墨池を買ってしまった。…

人差し指トラックボールマウス 九ヶ月使っての感想 レビュー

2019年9月10日にトラックボールマウスを買った。 その報告はこちら。 yoshinori-hoshi.hatenadiary.jp そして、その後使用感を二度ほど報告した。 yoshinori-hoshi.hatenadiary.jp yoshinori-hoshi.hatenadiary.jp わたしの中にこのマウスは溶け込んでいた。…

久しぶりに伊東屋に行ったらプラチナのCURDASが売っていた。

CURIDASはキュリダスと読むらしい。 普通にローマ字読みをしたら、「繰り出す」である。 ぶっちゃけ、キャップレスのパクりにしか見えなかった。というか、最初観たとき、新しいキャップレスが出たと思った。 なぜ、いまさらプラチナはキャップレスの…

トラックボールマウスを使って早4ヶ月! 感想 レビュー

トラックボールマウスを買った。親指じゃない。人差し指だ! - 文学・文具・文化 趣味に死す! 人差し指トラックボールマウスを1ヶ月使ってみて - 文学・文具・文化 趣味に死す! エレコム ワイヤレスマウス トラックボール 人差し指用 8ボタン ブラック M-D…

マイスターシュトゥック12にKWZインクターコイズを入れてみた

このターコイズ。好きな色なのだ。とくに、落ち着いたあとの色が素晴らしい。 以前の記事はこちら ついに! KWZ INK IGターコイズを買った。 - 文学・文具・文化 趣味に死す! 正直顔料インクなのヴィンテージペンに入れるかどうか躊躇われたが、使ってナン…

人差し指トラックボールマウスを1ヶ月使ってみて

人差し指トラックボールマウスを使ってひと月ほど経つのでレビュー。 トラックボールマウスを買った。親指じゃない。人差し指だ! - 文学・文具・文化 趣味に死す! まず。ワイヤレスはいい。全く問題ない性能だし、電池もまだまだ行けそうだ。 最初はもちろ…

STAEDTLER Mars Lumograph 8B を買った。

わたしは万年筆が好きである。分量のある筆記は万年筆を使っている。しかし、ちょっとしたメモにはやはり、「鉛筆」である。 わたしは普段この鉛筆を使っている。 かな書 海ひかり麦の穂ひとつづつ光る 伊東屋で買った鉛筆 - 文学・文具・文化 趣味に死す! …

久しぶりに初恋を入れた。

ブングボックスオリジナルインクの初恋。 今はなき、ペンマンサファイアをイメージして作られている。 オリジナルボトルインク Ink tells more 【初恋】(オリジナルボトルインク Ink tells more 【初恋】)/万年筆とオリジナルインクのお店 ブングボックス…

ルビナート リコリス を入れてみた。

ルビナートのリコリスはわたしの最も好きなインクの1つである。日本の着物でいうところの草木染めの色に似ている。このインクで筆記していると、まるで上高地の森林に浸かっているような、夕暮れの藪の中で草いきれに包まれているような、そんな錯覚が目か…

トラックボールマウスを買った。親指じゃない。人差し指だ!

最初は近所の電気屋に行って探したのであるが、そこには古い型のしか置いてなく、Amazonで調べると新しいのがほぼ同じ値段だったのでAmazonで買うことにした。一日で来るし。 電池付きだ。 ワイヤレスにするかどうかはかなり迷った。ちなみに、今使っている…

ボールPentel 書き味など

ペンを忘れて出かけてしまい、途中の乗り換えの駅の文房具屋で購入。あれこれ迷ったが、結局買ったのがこの「ボールPentel」 普通のボールペンの先端部分は、金属で出来ている。だが、ボールPentelはご覧の通り(見えるかな?)、先端のチップが樹脂製である…

私が持っている最も高価なペン

じゃじゃん。 モンブラン・作家シリーズ。アレクサンドル・デュマ。 ではないのである。 じつは、これなのだ。 パイロット・ハイテックC・カヴァリエ なにを馬鹿な、とお思いになる方は多いと思う。定価は3,000円だ。 ちょっと筆記具に興味がある方は、これ…

セリアの原稿用紙

じゃじゃん。 百均と言えばまずはダイソーが思い浮かぶであろうが、セリアもなかなか頑張っている。ダイソーよりもお洒落なものが揃っていたりする。 だが、こと原稿用紙にかけては完全にダイソーに軍配が上がる。 ダイソーの原稿用紙が滅茶苦茶使える件 - …

ガラスペン

ガラスペンは日本に於いて発明され、その昔は普通に使われていたらしい。 わたしのガラスペンは御フランス製なので逆輸入と言うことになる。そもそも、浸けペン自体が西欧のものなので、その浸けペンを日本人がアレンジして、また西欧で作っているわけであり…

ダイソーの原稿用紙が滅茶苦茶使える件

最近夏至に近づいているので日が長い。夜が短くなった気分だ。19時でも明るいというのはどうも落ち着かない。 さて、ダイソーの原稿用紙。10枚ほどつかってみたが、使える。実に使える。 書き心地もいいし、速乾性もある。 ただ、つるつるなので鉛筆派にはち…