文学・文具・文化 趣味に死す!

小説家 星香典(ほしよしのり)のブログ。小説、映画、ファッション(メンズフォーマル)、政治、人間関係、食い物、酒、文具、ただの趣味をひたすら毎日更新し続けるだけのブログ。 ツイッター https://twitter.com/yoshinori_hoshi  youtubeチャンネル https://www.youtube.com/channel/UC0YrQb9OiXM_MblnSYqRHUw

25 書道関係

篆刻 せっかく全部撮ったのに……

落款韻、篆刻の制作風景を頭にGOPROくっつけて全部撮ったのに、 ハードディスクに移している最中にエラー。 フォーマットしないと使えないよ とのメッセージ……。 パソコン替えて読もうとしても無理。 全部消えた。 なので、写真しか残っていない。 まずは印…

搭鋒 折鋒について

書道関係の本を読んでいると、搭鋒、折鋒という語句が出てくる。蔵鋒、露鋒などの言葉と一緒に出てくる。意味が今ひとつわからないのでググってみる。 しかし、日本のサイトでは見当たらず。中国語のサイトに当たる。中国語ではちゃんと説明されているのだが…

筆にアイロンをかけてみた

メルカリで買った筆の穂先が曲がっていて書きにくい、というより、書けない。 長い間曲がった状態で置かれていたようで、常に穂先が沿っている。 穂先が曲がっていると、曲がっている方向に引っ張られるのでまともに字が書けないのである。 筆に四徳といって…

斎戒沐浴中である。来年の目標は新年書き初め競書で第一席をとることである。

斎戒沐浴とは、肉を食わず、酒を飲まず、女色を遠ざけ、虫を殺さず、悪しき心を抱かず、髪を洗い、浴槽に浸かる、ことらしい。 なぜそんなことをしているのかというと、日下部鳴鶴が大久保公神道碑を書くときに、斎戒沐浴して書いた、と聞いたからである。 …

弘法筆を選ばず の 本当の意味は

弘法筆を選ばず、という諺がある。 弘法大師のような書が上手な人は、どんな筆でも上手に書ける、という意味で使われている。延いては、下手なのを道具のせいにしてはいけない、などの意味に用いられる。 だが、実際の空海は筆を選びまくりなのである。選ぶ…

研美 を買った。使ってみた。

世の中には何でもある。 硯の目立てを行うための砥石すらある。 中身はこんなのが入っている。 説明書きもある。新品で買ったからな。 水に浸けると泡が永遠に出てくる。 まず砥石の方で硯面をスリスリする。この砥石、みるみる削れていく。 その後、このフ…

精製水 を買った。

安い。500mlで70円くらいだった。 もちろん、飲むために買ったのではない。コンタクトのためでもない。 ただ美しい墨色を得んがために買った。 結論から言うと、あまり美しくはなかった。いろはすの方がいいっぽい。 コットレックスはあまりいい墨色は得られ…

国立新美術館に行ってきた 雪舟などなど

国立新美術館は名椅子だけではなく、書道の展覧会をよくやっている。 先週たまたま近くに行く用事があったので寄った。 乃木坂駅から直接入れる。通路がすでに芸術的だ。 良い天気だった。 平日のまっ昼間のせいか、がらがら。 椅子についての記事はこちら。…

コントレックスを飲んだ

しかし、妙な水である。水であるのに水でないような、口や喉に違和感が残るのである。 はっきり言えば不味いわけであるが、カルシウムとマグネシウムが豊富に含まれており健康にいいらしい。 contrex.jp こんな公式ページもあり、なんでも7日間我慢して飲み…