文学・文具・文化 趣味に死す!

小説家 星香典(ほしよしのり)のブログ。小説、映画、ファッション(メンズフォーマル)、政治、人間関係、食い物、酒、文具、ただの趣味をひたすら毎日更新し続けるだけのブログ。 

豚の横隔膜を食った。

横隔膜の背中側の部分をハラミという。ホルモンの一種だ。

 

わたしは横隔膜とは文字通り「膜」のようなものだと思っていたが、実際はゴッツい筋肉の板のようなものらしい。

 

だから、ハラミも結構大きい。小さく切らないとなかなか火が通らないし、筋肉だからそれなりに弾力があり硬い。

 

さて、値段であるが100グラム128円とそれほど安くはないのである。

f:id:yoshinori-hoshi:20200924190225j:plain

 

冷凍真空パックは鮮度が保たれて良い。

f:id:yoshinori-hoshi:20200924190230j:plain

 

とりあえずぶつ切りにして焼く。これがデカくてなかなか火が通らなかった。

f:id:yoshinori-hoshi:20200924190946j:plain

 

豚なのでそれなりにしっかりと焼いた。ぶっちゃけ、この焼いただけのハラミが激うまだった。塩胡椒で食う。ホルモン全般に言えることであるが、下手に料理するよりも、この肉の味を味わった方が断然良い。

f:id:yoshinori-hoshi:20200924191600j:plain

 

下手に料理した。不味くはない。もちろん、美味いのだ。美味いのだが、料理してしまうならば正肉を使えばいい。豚の喉は料理しないと食いにくいが。

f:id:yoshinori-hoshi:20200924193708j:plain

 

ということで、ハラミ。焼いて食う。お薦めである。次はサガリと食い比べてみたい。