文学・文具・文化 趣味に死す!

小説家 星香典(ほしよしのり)のブログ。小説、映画、ファッション(メンズフォーマル)、政治、人間関係、食い物、酒、文具、ただの趣味をひたすら毎日更新し続けるだけのブログ。 

豚の喉!

わたしはかなり一生懸命、政治や、文化や、芸術について書いているつもりであるが、一番読まれているのはホルモンかもしれない。

 

さて、ついに手を出してしまった、豚の喉! なんじゃそりゃ、喉なんて食えるのか!? 食えるかどうか試す。

 

f:id:yoshinori-hoshi:20200917124044j:plain

 

安い! 100g=68円也

 

f:id:yoshinori-hoshi:20200917124050j:plain

 

とりあえず、いつも通り焼いてみる。

f:id:yoshinori-hoshi:20200917151053j:plain

 

 

こんな感じだ。塩胡椒で食う。ぶっちゃけ、ほとんど軟骨である。コリコリ軟骨の周りに申し訳ないくらいの肉がついている。ヘルシーなのか?? そもそも喉が軟骨で出来ていることを初めて知った。

f:id:yoshinori-hoshi:20200917151457j:plain

 

 

さて。500gも焼いて食うわけにはいかないので、レシピを探して唐揚げにすることにした。

 

まずは下味。生姜を切らしていた。おろしニンニク、醤油、酒だ。

f:id:yoshinori-hoshi:20200917190648j:plain

 

 

小麦粉を付けて揚げる。片栗粉を混ぜると更に硬くなる。小麦粉だけの方が良いかもしれない。

f:id:yoshinori-hoshi:20200917193848j:plain

 

うむ。見た目は唐揚げ。

f:id:yoshinori-hoshi:20200917191751j:plain

 

f:id:yoshinori-hoshi:20200917193852j:plain

 

味は……、先ほど書いた通り、軟骨なので味はしない。だから、唐揚げの味である。肉の旨味というのはほとんど感じられない。

 

7歳児と9歳児が、「どうして今日の唐揚げはこんなに硬いの?」という。

「今日は硬唐揚げだから。いつもとちょっと肉の種類が違うんだな」

 

とごまかしておいた。豚の喉などと言えば喰うはずがない。

 

豚の喉とも知らずに、愚かな子どもは、美味い美味いと平らげていた。

 

豚の喉は味を楽しむと言うよりも、独特の食感を楽しむ部位だ。

 

顎が疲れるので少量でも満腹感はいっぱいだ。