文学・文具・文化 趣味に死す!

小説家 星香典(ほしよしのり)のブログ。小説、映画、ファッション(メンズフォーマル)、政治、人間関係、食い物、酒、文具、ただの趣味をひたすら毎日更新し続けるだけのブログ。 

アベノマスクが来ない ホログラムマスクを誰か作ってくれまいか。

ご存じのようにわたしはコロナをバカにしきっている。当然マスクの用意などしなかった。

 

マスクをするのはコロナを恐れる臆病者だと心得ていたので、しばらくはマスクをしていなかった。

 

だが、次第にマスク人口は増え、気がつくとマスクをしていないのは社会との接点を失っている怪しげな人種だけとなってしまった。

 

わたしは前田慶次に真っ先にぶった斬られる俗物の極みなので、同調圧力に屈しマスクを着用し始めたのである。しかし、花粉もコロナも男らしく真っ向勝負、と心得ていたわたしは上記のとおりマスクの用意がないのだ。

 

なので、お情けで頂いた不織布の使い捨てマスクを一週間以上使っている。不衛生きわまりないのだがしょうがない。人と会うときだけ着用し、人がいないところではすぐ外すようにしている。

 

という次第で、アベノマスクを今か今かと待ち焦がれているのだが、一向に届かない。ニュースをみたら不良品が混ざっていて全品回収とか訳のわからない状態になっている。

 

news.tbs.co.jp

 

べつに、ちょっとくらい汚れていても構わないので早く配ってくれないだろうか? 洗って使うから汚れてても構わん。

 

最近、マスク業者が「3層マスク以外は効かない」などと言い始めた。中国の安いマスクを牽制しての物言いだ。もともとマスクは効かない。

 

わたしはコロナが怖くてマスクをするのではない。世間が怖くてマスクをするのである。だからマスクに機能性など一切求めない。強いて求めるならば通気性くらいだろうか。

 

だから、一番良いのはホログラムマスクである。他人からマスクをしているように見えればそれだけで充分である。通気性も最高である。誰か作ってくれ。