文学・文具・文化 趣味に死す!

小説家 星香典(ほしよしのり)のブログ。小説、映画、ファッション(メンズフォーマル)、政治、人間関係、食い物、酒、文具、ただの趣味をひたすら毎日更新し続けるだけのブログ。 

ひたすら歩いた。

去年の五月にひたすら歩いたという記事を書いた。

 

yoshinori-hoshi.hatenadiary.jp

 

先日、再びひたすら歩いてみた。

しかし、今回は前回とは全然違った。歩いても歩いても、大して疲れないのである。

 

前回の記事を見ると、3万歩を越えたあたりから節々が痛くてたまらん、とあった。今回も、膝が痛かったり、親指が痛かったり、足の付け根が痛かったり、いろいろ痛かったが、耐えられないほどではない。

 

ちなみに、靴は前回と同じスケッチャーズである。

 

今回は時間切れで43000となったが、気分で気には5万は楽に行けそうなくらいだった。

 

あと、前回と違うのが、帰ってきて発熱しなかったことだ。一日で直ったが、前回は家に戻ると悪寒がとまらず、はかってみると38度を超えた。

 

今回はコロナ騒動もあるし、発熱していらぬ疑いを受けるのもいやだなぁ、と考えていた。大丈夫だった。今回は発熱することはなかった。悪寒もなく、計測しても平熱であった。前回は五月、今回は三月。気温が低かったのもよかったかもしれない。

 

あと、今回は朝飯を食べて9時48分に出発したのであるが、18時40分の帰宅まで一切喰わなかった。水は飲んだが食い物は何一つ口に入れなかった。案外、これが良かったのかも知れない。

 

ちょっと腹は減ったが、空腹に襲われることはなかった。空腹にデコピンされたくらいだった。

 

前回との違いは翌日である。膝がものすごく痛かった。普通に歩く分にはまだ耐えられるのであるが、階段を降りるとき、膝を曲げなければならない。そして、重力で引っ張られる。かなりの激痛で、普段使わないエレベーターをつかった。図らずもバリアフリーの恩恵を被ったわけである。

 

しかし、翌日も実験のつもりであえて歩いた。12000歩ほど歩いたが、その膝以外にとくに問題はなかった。

 

目指せ松尾芭蕉! 俳句ではなくその健脚を!

 

 

出発は9:48。この日は天気は良かったが風がちょっと強かった。

目標は前回の41804歩を超えること!

f:id:yoshinori-hoshi:20200330095336p:plain

 

 

やはり一時間6000歩である。

 

f:id:yoshinori-hoshi:20200330095405p:plain

 

 

二時間目はちょっとペースが落ちる。

f:id:yoshinori-hoshi:20200330095422p:plain

 

三時間目はもっと落ちる。ちょっと旧跡の見学をしていたのである。

 

f:id:yoshinori-hoshi:20200330095431p:plain

 

ちょっとペースを取り戻す。

空腹などは一切ない。

f:id:yoshinori-hoshi:20200330095436p:plain

 

かなりペースを取り戻す。

f:id:yoshinori-hoshi:20200330095446p:plain

 

 

 

f:id:yoshinori-hoshi:20200330095453p:plain

 

 

f:id:yoshinori-hoshi:20200330095457p:plain

 

 

そうとういいペースである。

f:id:yoshinori-hoshi:20200330095503p:plain

 

前回の記録を上回った!

f:id:yoshinori-hoshi:20200330095512p:plain

 

今回はこの程度で。次回、もっと早く出立して、記録更新を目指す!

f:id:yoshinori-hoshi:20200330095515p:plain

 

 

歩けばコロナも治るんじゃね?

 

 

 

芭蕉自筆 奥の細道 (岩波文庫)

芭蕉自筆 奥の細道 (岩波文庫)

  • 発売日: 2017/07/15
  • メディア: 文庫