文学・文具・文化 趣味に死す!

小説家 星香典(ほしよしのり)のブログ。小説、映画、ファッション(メンズフォーマル)、政治、人間関係、食い物、酒、文具、ただの趣味をひたすら毎日更新し続けるだけのブログ。 

青芝のいづれの椅子によるべきか 森岩雄

ペンの光2017年七月号。

 

f:id:yoshinori-hoshi:20190827205045j:plain

 

 

青芝のいづれの椅子によるべきか

 

森岩雄氏の句である。

 

ググっても出てこなかったのでかなりマイナーな句だと思われる。

 

森岩雄というひとも、たぶん映画プロデューサーの森氏ではないかと。森氏は大学時代、慶應義塾大学俳句研究会に所属している。

 

とはいえ、この句である。

 

青々とした芝生の上に、様々な椅子が置いてあり、どの椅子に座ろうか迷っている様子。

 

慶応大学生というと、わたし拙い想像力を駆使すると、女を侍らしているイメージしか湧かない。

 

イカラな慶応ボーイが、華麗なるギャツビーよろしく、今で言うところのクラシックカーに女を満載して、軽井沢のテニス場にでも行ったのではなかろうか。

 

青い芝生の上には若い女が点在している。青芝のいずれの女によるべきか。無粋の極みである。女を椅子に喩えてみる。うむ、実に幻想的で、深遠な句が出来上がるではないか。

 

森氏、違っていたらすまぬ。

 

 

楷書で書くとこうなる。

ペンは先日投稿したボールPentelである。太い。

ボールPentel 書き味など - 文学・文具・文化 趣味に死す!

 

f:id:yoshinori-hoshi:20190827205002j:plain

 

 

映画製作の実際

映画製作の実際

 

 

 

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村