文学・文具・文化 趣味に死す!

小説家 星香典(ほしよしのり)のブログ。小説、映画、ファッション(メンズフォーマル)、政治、人間関係、食い物、酒、文具、ただの趣味をひたすら毎日更新し続けるだけのブログ。 

踵が減ったのでダイナイトに変えた。

f:id:yoshinori-hoshi:20190412110328j:plain

 

靴で一番減りやすいのはつま先であり(レザーソールの場合)その次に減るのが踵である。

 

レザーソールでない場合は、踵がもっとも早く減る。

 

さて、踵でも変えようかと行き付けの靴屋に行ったら、「これなんかいかがですか」と出てきたのがダイナイトソールだ。なるほど。減らなそうである。早速替えてもらった。

 

リペアには様々な方法があるが、ダイナイトは釘止めするらしい。他のは、釘止めした跡に革を貼るのだろうか。よくわからない。

 

そしてこの釘、雨の日に歩いたら一発で錆びた。間違えないでもらいたいのは、わたしは錆びたからダメだ、と言っているのではない。むしろ、釘は錆びて良いのである。

 

大工職人が釘を打つ前に舐めるのは、釘を錆びさせて抜けなくするためである。

 

なにが言いたいかというと、この錆び、非常に味があるとは思わないだろうか。実に気に入ってしまった。こういう、見えない何気ないところに、ダンディズムの蘊奥があるとは思わないだろうか。

 

おそらく、誰にも理解されまいが。