文学・文具・文化 趣味に死す!

小説家 星香典(ほしよしのり)のブログ。小説、映画、ファッション(メンズフォーマル)、政治、人間関係、食い物、酒、文具、ただの趣味をひたすら毎日更新し続けるだけのブログ。 

アンボス・ムンドス を読んだ

 

アンボス・ムンドス―ふたつの世界 (文春文庫)

アンボス・ムンドス―ふたつの世界 (文春文庫)

 

↑表題作他、七編が収められている。

 

不祥事を起こした女教師が、数年後、旅先で小説家に不祥事の顛末を語って聴かせる、という形式をとっている。

小学校の女教師なのであるが、このクラスの女子のヒエラルキーなど、おぞろおぞろしく書かれている。すこしミステリー要素も含まれていて、引っ張る力はつよい。ただ、純文学であるので、ミステリー的要素は結論が出ない。

子供の世界は一見無邪気に映るが、こうやって詳細にあぶり出していくと、ルール無用な点、大人の世界よりも陰鬱である。子供という本来無垢なキャラクターを使っているところに、深みというか、恐ろしげなトーンを上手く表現している。

 

いつもの通りこれに収録されている.↓