文学・文具・文化 趣味に死す!

小説家 星香典(ほしよしのり)のブログ。小説、映画、ファッション(メンズフォーマル)、政治、人間関係、食い物、酒、文具、ただの趣味をひたすら毎日更新し続けるだけのブログ。 

バタフライ和文タイプ事務所 を読んだ

  

海 (新潮文庫)

海 (新潮文庫)

 

↑に収録されている。

 

和文タイプ、というのはわたしが物心ついたころにはすでに廃れていて、その存在すら知らなかった。

膨大な活字を一つ一つ取り出して、打ち付けていくという途方もない作業が想像付かない。想像付かない時点で、この作品はひどくSFの香りがして、そんな心持ちで最後まで読み進んだ。

ちなみに、和文タイプライターとはこんなものだ。

和文タイプ[日本タイプ パンライター・MAC-45] - YouTube

 

でも、和文タイプライターを知らない人は、想像力を膨らませて読んだ方が面白いかも知れない。

和文タイプの活字がかける。糜爛の糜、睾丸の睾。など。

活字管理人が、これらの漢字に対してなまめかしい解説を加える。

顔の見えない活字管理人と、字の印象をやりとりするエロス。

不思議な小説である。

 

 

↓にも収録されている。