Yoshinori Hoshi Official blog

小説家 星香典(ほしよしのり)のブログです。映画、ファッション(メンズフォーマル)、政治、人間関係など、思うところをほぼ毎日更新してます。

きみがぼくを見つけた日 を観た

 

きみがぼくを見つけた日 [Blu-ray]

きみがぼくを見つけた日 [Blu-ray]

 

 

つけた日原題は「The Time Traveler's Wife」時間旅行者の妻である。

内容はタイトルそのまま。
久しぶりに熱中して観ることが出来た映画。面白い。いろいろ突っ込みを入れたくなるが。

【ネタバレ注意!】

男はある日、タイムスリップする病気にかかってしまう。なぜか、クレアの元にタイムスリップすることが多い。クレアは子供の時からタイムスリップしてきた男を知っていて、大人になって男と結婚する。結婚した後も男はタイムスリップしてしまうのでいろいろ大変。

自分的には極上の恋愛&ミステリー映画だと思うので興味ある人はこれ以上読まずに是非観て欲しい。

わたしの不満は、タイムスリップする病気が治って、もしくは死を回避するハッピーエンドを期待していたのに、むざむざバッドエンドにしたところにある。

男は腹を打たれて死ぬのである。しかも、死ぬタイミングも分かっているのだから、伏せていれば良いものを、ボケッと起き上がっていて打たれるという。失血死なのだから、血液を用意しておくとか、救急隊を呼んでおくとか、いくらでも助かる方法はあったはずなのに、むざむざ死んだようにしか見えない。

原作は上下巻の長編なので、その辺の理由についても書いてあるのかも知れないが、正直がっかりである。死んだ後、タイムスリップして妻と会っても、妻の方は感激だろうか、男はさっきまで妻と一緒にいたと思うと、興醒めもいいところだ。原作が気になる作品。

 

 

きみがぼくを見つけた日 上巻 (ランダムハウス講談社文庫)

きみがぼくを見つけた日 上巻 (ランダムハウス講談社文庫)

 

 

 

きみがぼくを見つけた日 下巻 (ランダムハウス講談社文庫)

きみがぼくを見つけた日 下巻 (ランダムハウス講談社文庫)