文学・文具・文化 趣味に死す!

小説家 星香典(ほしよしのり)のブログ。小説、映画、ファッション(メンズフォーマル)、政治、人間関係、食い物、酒、文具、ただの趣味をひたすら毎日更新し続けるだけのブログ。 

DESTINY 鎌倉ものがたり  感想 レビュー 浅田次郎先生のペンの持ち方

ネタバレ有り。

 

DESTINY 鎌倉ものがたり

DESTINY 鎌倉ものがたり

 

 

 

電車が電光掲示板だったり、10000円札が最新の10000円札だったり、ちょっと手抜きな感じがしないではなかったが、話自体は可もなく不可もなく。

 

↓当時から電光掲示の車両は走っていたのだろうか。

f:id:yoshinori-hoshi:20190501140550j:plain

 

ただ、発想が面白い。鎌倉には魔物が人間と共存している。そして、黄泉の国に江ノ電で行ける。そんなんでええんかい、と突っ込みたくなるが、そのノリがこの作品の魅力だと思う。

 

貧乏神の茶碗が活躍したり、母親が不倫していたと思ったのが、実は実の父親だったとか、なかなかエスプリも効いている。

 

主演の堺雅人がじつに良い味を出している。ミステリー作家という設定であるが、万年筆をあんなに首軸ぎりぎりでもつなら、キャップはポスト(尾軸にキャップを挿す)しないほうがいい。おそらく使用ペンはモンブランの146であろう。

f:id:yoshinori-hoshi:20190501140513j:plain

 

 

では、ポストしたときの正しいペンの持ち方とはどのようなものか。

浅田次郎先生はこのようにペンを握る。もちろん、ペンの握り方に正否はないが、これが正しい握り方である。趣味の文具箱vol23より。

f:id:yoshinori-hoshi:20190501135801j:plain

f:id:yoshinori-hoshi:20190501135816j:plain