文学・文具・文化 趣味に死す!

小説家 星香典(ほしよしのり)のブログ。小説、映画、ファッション(メンズフォーマル)、政治、人間関係、食い物、酒、文具、ただの趣味をひたすら毎日更新し続けるだけのブログ。 

コロナ騒ぎはへそで茶も沸かないレベル

政府の本気度が問われている。

 

国賊マスゴミの情報操作に流され、Go Toをやめて経済自殺者を増やすか。それとも、敢然とGo Toを続行するかだ。

 

菅さんは日和ってるようなので、周りがどこまで支えられるかである。

 

一日の感染者が二千人か三千人か知らないが、どうでもいい。

 

一日の膝小僧を擦りむいた人数がどうでもいいのと同じことだ。

 

検査を増やすとかバカなことをぬかしている。検査を増やせば感染者数が増えるだけじゃないか? 意味がないどころか愚かにも程がある。

 

感染者数を減らすのは簡単だ。検査数を減らせばいいのである。

 

宮台氏が久々にいいことを言っている。31:30ぐらいからなので、ぜひ見て欲しい。

 

宮台「アメリカと比べて100分の1の被害なのに、同じ対策を取ろうというのがおかしい。自殺者数とコロナ死者数を合わせた数を減らすのが合理的だと考えると、日本ではコロナ対策を取らなくていいと言い切っていい」

神保「無駄なことやっちゃったってことですね」

宮台「そういうことです」

 

www.youtube.com

 

医師会はさらに無駄なことを要求している。なぜ無駄なことを要求しているか。ちょっと考えれば分かることではないか。