文学・文具・文化 趣味に死す!

小説家 星香典(ほしよしのり)のブログ。小説、映画、ファッション(メンズフォーマル)、政治、人間関係、食い物、酒、文具、ただの趣味をひたすら毎日更新し続けるだけのブログ。 

ルビナート リコリス を入れてみた。

f:id:yoshinori-hoshi:20190914083647j:plain



ルビナートのリコリスはわたしの最も好きなインクの1つである。日本の着物でいうところの草木染めの色に似ている。このインクで筆記していると、まるで上高地の森林に浸かっているような、夕暮れの藪の中で草いきれに包まれているような、そんな錯覚が目から入ってくる。

 

f:id:yoshinori-hoshi:20190918160416j:plain

 

筆記感もほどよい粘度で、流れることもなく、詰まることもなく使いやすい。ただ、この瓶は10mlなのでちょっと少ない。50ml入りが出ているのでこれを使い切ったら買おうと思っている。

 

このインクには匂いが付いているらしいが、わたしのインク壺からはこれといった匂いはなかった。飛んでしまったのだろうか。

 

ブラックのインクと比べると、色がまったく違うということが明瞭である。

f:id:yoshinori-hoshi:20190918160631j:plain

 

原稿用紙に書くとこんな感じ。

f:id:yoshinori-hoshi:20190924174340j:plain

 

 

ルビナートからまだでているのであるが、ちょっと調べると、アルバインターナショナルというところからも出ているらしい。ライセンス生産かなにかだろうか?

 

ルビナート ボトルインク 275 リコリス (東洋の香り)
 

 

ALBA INTERNATIONAL アルバインターナショナル ガラスペン 羽根ペン ボトルインク インクボトル | 世界の筆記具ペンハウス

 

 

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村