文学・文具・文化 趣味に死す!

小説家 星香典(ほしよしのり)のブログ。小説、映画、ファッション(メンズフォーマル)、政治、人間関係、食い物、酒、文具、ただの趣味をひたすら毎日更新し続けるだけのブログ。 

白いメリーさん 中島らも  鮨 阿川弘之  感想レビュー

 

 

両方ともこれに収録。

 

白いメリーさん

すごく面白い作品であるのだが、わたしは最後のネタが予想できてしまった。やっぱりねぇ、となったが、それでも充分に楽しめる。ジャーナリストがテープ起こしをする文体や、報告書、などの文体を交えての小品。いろいろ参考になると思う。

中島らものエッセーはなんどか読んだことがあったが、小説は初体験。上手い。

 

お土産に鮨の折り詰めをもらったのであるが、会食の予定が会って、食うわけにも行かず、このままだと捨てる羽目になる。しかし、食べ物を、相手の心づくしのお土産を、捨てるのは忍びない。さて、いかがしたものかと帰りの列車の中で煩悶する話。

この一文にその逡巡がよく現れているのではなかろうか。

 

「窓外が暮れて来た。列車は南へ南へと走っている。月は出ていないらしく、森も畑も人家も、やがて皆宵闇に包まれて、窓ガラスが鏡になった。そこへ映る自分の背広ネクタイ姿と向き合って、彼はとつおいつ、残りの鮨を如何にすべきかを考えつづけた。」

 

結局、上野駅を通るので、上野の乞食にくれてやろう、と思い至るのであるが、さて、どのような態度でくれてやるべきか。

さげすみの心があってはならぬ。もし、相手が怒り出したらどうしようか。これも色々煩悶する。そして、清水の舞台よろしく、手近な乞食に「よかったら食べてくれ」と渡すと、そこには予想外な回答が……。

びっくりするくらい面白い作品であった。いろいろ手が込んでいて、実はこの折り詰め、相手の気持ちに悪いからと、一つだけ食べてしまうのだ。ただ、一つ食べたことによって、本当だったら車掌にでも上げようとしたところ、上げられなくなる。車掌に上げられないものを乞食にあげるというのは、乞食に対して侮蔑の気持ちを自分は持っているのではないか、などなど、人間の心理を浮き彫りに描く。