Yoshinori Hoshi Official blog

小説家 星香典(ほしよしのり)のブログです。映画、ファッション(メンズフォーマル)、政治、人間関係など、思うところをほぼ毎日更新! 現在35日チャレンジ中! 火曜 文具  水曜 食い物  木曜 小説  金曜 映像 土曜 お題  日曜 政治社会  月曜 ダンディズムで更新!

梯子の森と滑空する兄  アップリンク  感想 レビュー

 

マリコ/マリキータ (角川文庫)

マリコ/マリキータ (角川文庫)

 

 

梯子の森と滑空する兄

ずいぶん会っていなかった兄が突然町長になっていた。というところから始まり、兄の思い出を語る。

腹違いの兄。この兄というのは常軌を逸していて、しかし、コミュニケーション能力とかは抜群。極めて魅力的ときている。

一方主人公は至って常人。その常人である主人公は兄に憧れるのであるが、母から、「あんたは普通の人間だから無理」といわれてしょぼぼーんとなる感じ。

池澤夏樹はいわゆる天才を書きたかったのかもしれない。天才ではなくとも、社会の枠に収まりきれない人間を書きたかったのだろう。マリコ/マリキータのマリコも社会や常識に収まりきらない人間である。

 

アップリンク

正直よくわからない作品。離島に行ってアンテナを直す技師が、離島の女とやっちゃうと天気が回復するという、幻想的な小説である。よくわからないが、つまらなくはない。おそらく、半分くらいは実話か。ひょっとすると、やっちゃったところも実話の可能性大。それを、綺麗に作品に昇華したのかもしれない。