Yoshinori Hoshi Official blog

小説家 星香典(ほしよしのり)のブログです。映画、ファッション(メンズフォーマル)、政治、人間関係など、思うところをほぼ毎日更新してます。

10年前と5年前と今の免許の写真

免許を先日更新ししてきた。昔の免許と写真を比べると、パーツは明らかに同一人物であるにもかかわらず、露骨に老けていた。

 

10年前の免許も取っておいてある。それとくらべたら、完全におっさんになっていた。時間は無情である。あっという間におっさんになる。SK-Ⅱに助けてもらうしかないかも知れない。

 

ただ、見た目の方はどうにか出来ても、選択はどうにもならない。自分は自分の選択が正解であったなどと自信を持って言えない。その他の可能性の方がよかった可能性だって十分あるのだ。

 

おれは一体この10年間なにをしてたんだ? と思う一方、現在は最高に幸福であるので、まったく理想道理に行かなかった人生は、理想の上を行っているとも言える。こんなことを悩んでもまったく意味はないのであるが。

 

現実は複数を選択できない。今が唯一無二の結果である。選択が正しかったか、間違えていたか、果たして、そんなものにジャッジを下したところで意味はないし、ジャッジできない。

 

自分が人生について思うことは、ある意味、このブログのテーマにもなっているかも知れないが、「人生はまったく思い通りに行かない」ということだ。

 

もし、なにかの選択で迷っている人に助言できるとしたら、そんなに悩んでも仕方がない、なるようになるし、どちらを選んでも幸か不幸かなどわからない。とくに、深く悩む問題こそ、幸も不幸も拮抗しているのだろう。

 

そして、ここが重要なのであるが、必ず、選択した方が幸福になるのだ。なぜなら、選択しなかった方は存在しない想像にすぎず、存在しないものには幸福も不幸もない。だから、逆に言えば、選択した方が必ず不幸であるとも言える。

 

我ながら哲学的である。