Yoshinori Hoshi Official blog

小説家 星香典(ほしよしのり)のブログです。映画、ファッション(メンズフォーマル)、政治、人間関係など、思うところをほぼ毎日更新してます。

日本人は縮んでいる。物理的に。平均身長の世代と年代の比較

 

最近、政治や思想が戦前に回帰しているというが、どうやらメンタル面だけではなく、フィジカル面でも戦前回帰しているのかもしれない。

というのも、近頃の若者は小さくなったような気がするのだ。気のせいだろうと思いつつも、実際に調べてみたら気のせいでもなさそうだった。

例えばこれをみて欲しい。


http://paro2day.blog122.fc2.com/blog-entry-9.html


男子も女子も一番平均身長が高いのは30歳から34歳になっている。男子の場合は、40歳から44歳のほうが、20歳から24歳までの平均身長よりも高いのである。

さらにこちらをみて欲しい。


http://www.suku-noppo.jp/data/average_height.html


五歳児男子の最も平均身長が高かったのが平成7年の111cmである。比べて、H23年は110.5cmである。女子もやはり平成7年がピーク。そして、全ての年代がこのピークを境に山なりになっている。18歳ならば直近の最高平均身長は平成18年の170.9であり、23年は170.7である。が、この数値は五歳児のデータから演繹すると、下がることが予測される。

気のせいだと思っていたのが、意外に気のせいでもなかった。もう一つ気になるのは、身長の分布である。二極化しているのか、そうではないのか。「身長 二極化」でググると、それらしい話は出てくるが確証はつかめず。