文学・文具・文化 趣味に死す!

小説家 星香典(ほしよしのり)のブログ。小説、映画、ファッション(メンズフォーマル)、政治、人間関係、食い物、酒、文具、ただの趣味をひたすら毎日更新し続けるだけのブログ。 

前田邸は半端なかった

日本文学館を出ると怪しい洋館が現れる。

f:id:yoshinori-hoshi:20190110130757j:plain

 

加賀百万石の邸宅である。

 

正面玄関。

f:id:yoshinori-hoshi:20190110130930j:plain

 

格差是正」の声が尻すぼみになるような格差を突きつけられた。

でかすぎる。今は東京都の持ち物らしい。見学は無料。靴は脱がなければならない。

 

f:id:yoshinori-hoshi:20190110134533j:plain



f:id:yoshinori-hoshi:20190110131609j:plain

 

一階はパーティーが出来る感じ。

二階は書斎とか、寝室とか、長女、次女の部屋とか。

これが私邸である。昔の格差は半端なかった。

平等のパラドクス、というのがあって、人間は平等に近づけば近づくほど、小さな差異が気になり不平等を感じるようになる、という理論だ。

もう少しで勝てそうだな、とか考えると努力や煩悶のしようもあるが、圧倒的な力の差の前では、諦める以外ない、そんな感じ。

庭は現在公園になっているが、往時は築山でスキーをしたり、乗馬を楽しんだりしていたという。

ちなみに、この洋館の横には和館も建てられている。もちろん、立派な建物であることは言うまでもない。

わたしは洋館で目眩がしてきたので和館のほうは行かなかった。

 

諸賢も日本近代文学館に行ったら、絶対に寄った方がいい。格差を痛感するべし。

ちなみに、日本近代文学館が建っているところは、前田邸の厩と温室があったところだ。

恐るべし。華族

 

 

加賀百万石 (講談社文庫)

加賀百万石 (講談社文庫)