文学・文具・文化 趣味に死す!

小説家 星香典(ほしよしのり)のブログ。小説、映画、ファッション(メンズフォーマル)、政治、人間関係、食い物、酒、文具、ただの趣味をひたすら毎日更新し続けるだけのブログ。 

乱 を観た

 

乱

 

 

言わずと知れた黒澤明の名作である。

迫力はハリウッド的であるが、作りがハリウッドとは全然違う。

日本映画である。

まず、尺がながい。一つのシーンも長い。

この映画をチャキチャキ切り貼りしたら、ある意味ハリウッド的になるかも。

仲代達矢は名優である。ボケ爺のシーンとボケが治るシーンをきっかりと分ける。それも自然にである。だから観ていて飽きないのかもしれない。

シナリオもなかなか凝っていて、裏切り裏切られまた裏切られ騙され、みたいな、話がブンブン進む感じだ。

ただ、ラストは救いがない。結局悲劇である。

 

 

一日二回投稿! 30日チャレンジ中!