文学・文具・文化 趣味に死す!

小説家 星香典(ほしよしのり)のブログ。小説、映画、ファッション(メンズフォーマル)、政治、人間関係、食い物、酒、文具、ただの趣味をひたすら毎日更新し続けるだけのブログ。 

かな書 春過ぎて織る糸の白く果てなきを

ペンの光 2017年2月号より

 

f:id:yoshinori-hoshi:20190227120444j:plain

 

 

安斎桜磈子の句である。安斎は575にとらわれない新傾向派の俳人だが、これは中7が一文字多いだけだ。

 

糸を織る。言い表現である。白が果てしないというのも、情景が浮かぶ。

 

わたしはよくはがきを出すのであるが、官製はがきでは味がないので、ちょっと凝ったはがきにしている。

が、一枚100円とかでは、切手よりも高いので、この伊東屋のはがきを最近使っている。40枚入って600円なので、一枚15円だ。

f:id:yoshinori-hoshi:20190221113108j:plain

f:id:yoshinori-hoshi:20190221113115j:plain

 

 

アップにするとこんな感じ。この紙に折り込まれている模様というかなんというか。これ、名称なんて言うんだっけ? ご存知の方いたらコメ蘭でお知らせ下さい。

f:id:yoshinori-hoshi:20190227120823j:plain

 

 

表はこんな感じ。今回もデュマを使ってしまった。

楷書で書くとこうなる。

f:id:yoshinori-hoshi:20190227120514j:plain