文学・文具・文化 趣味に死す!

小説家 星香典(ほしよしのり)のブログ。小説、映画、ファッション(メンズフォーマル)、政治、人間関係、食い物、酒、文具、ただの趣味をひたすら毎日更新し続けるだけのブログ。 

今週のお題「ブログ初心者に贈る言葉」

今週のお題「ブログ初心者に贈る言葉

 

わたしは2014年の1月から始めているので、気がつけば5年目突入である。はてなの前も様々なブログを作っていたので、相当長い間ブログとは付き合っている。

 

ベテラン、というわけではないが、もはや初心者マークも外れているだろう。

 

おおよそ自分から初心者に対してアドバイスなど思いもよらぬが、こういうお題が出たと言うこともあり、なにか書けないか考えてみた。

 

わたしの場合、ブログは完全なる趣味である。Amazonアフィリエイトを貼っ付けてはいるが、せいぜい月100円になればいい方である。

 

幸い、アクセス数は日に100ちょいあり、これが何よりのモチベーションになっている。コメントとかもらえるとすごく嬉しい。

 

なにを目指してブログをやるかによるが、わたしが感じているブログの一番の魅力は、オルタナティブワールドの構築である。格好良く言えば。ぶっちゃけて言えば現実逃避するための居場所である。

 

だから、重要なことはバレないことである。最も親しい友人もこのブログの存在は知らない。同居人にはさすがにバレているかも知れないが。

 

もしブログを始めたばかりで、どうするか決めていない人は、現実世界から独立させた空間をブログに作ったら面白いと思う。あくまで、わたしのお勧めに過ぎないが。

 

フェイスブックツイッター、などはどうしても現実のしがらみが入り込んでくる。ツイッターならば完全匿名で出来るけれど、わたしもやったことがあるけれど、あれは精神衛生上よろしくない。

 

あるニュースなどに、脊髄反射的にツイートして

しまうと、後から後悔する。精神が病んでくる。社会正義のつもりで社会悪に対してツイートするが、後々読み返して気持ち悪くなった。わたしには向かない。

 

その点ブログは一方的に感情をぶつけることはない。一応、多角的に物事を考えられるような気がする。

 

もう一つ。ブログ初心者にご助言できるとすれば、毎日投稿することである。書けない日があるときは予約投稿を使う。そして、(これも予約投稿を使うと簡単にできるのであるが)同じ時間に投稿すると、読者にとっても見やすいかも知れない。

 

以上。偉そうに、すみません。

 

 

 

 

そしてわたしの場合もう一つ、自著の宣伝にも使う。

 

かぐや姫を好きになったら

かぐや姫を好きになったら