Yoshinori Hoshi Official blog

小説家 星香典(ほしよしのり)のブログです。映画、ファッション(メンズフォーマル)、政治、人間関係など、思うところをほぼ毎日更新してます。

正解するカド 第9話を観た

 

 

ネタバレ有り!

なんと、異方存在はこの世界を創った存在だった。異方存在は多数のシミュレーション世界を創った。その中の一つが人類だったという、そう来ちゃったか、みたいな。

偶然か、それとも、正解するカドを観ていたせいで深層心理に影響を受けたか、最近シミュレーション仮説を考察していた。そのせいで、違和感なく、また驚きもなく受け入れてしまった。

ただ、面白い展開なのか、拍子抜けする展開なのかわからないけれども、なんと女の交渉官である徭沙羅花も違法存在だった! というまさかの展開!

違法存在はシミュレーション世界を「繭」と呼んでいる。その繭には管理者がいるらしく、人類世界の管理者が徭沙羅花なのだ。伏線ゼロでいきなり飛び出してきてくれた感じ。たぶん、通常世界で暮らしている本人には自覚がない、ということなのだろうが。唐突すぎる。

amazonレビューなどをみるとSFと書かれているが、宇宙物理学や哲学論のノンフィクションを見ている感じ。でも、これからは独自の物語が始まる予感。次回が楽しみである。