Yoshinori Hoshi Official blog

小説家 星香典(ほしよしのり)のブログです。映画、ファッション(メンズフォーマル)、政治、人間関係など、思うところをほぼ毎日更新してます。

モンテベルデ クワドロ 4in1 マルチペンについて

万年筆も素晴らしいし、ビンテージペンシルもいい。高級ボールペンも実用的だ。

 

しかし、わたしの経験上、最も使う筆記具はこれである。

 

 

年中使っている。Amazonで調べたら阿呆みたいに高いが、わたしが買ったときは6,000円くらいだったと記憶している。わたしはデータを青に差し替えている。

なにがいいかって、黒で書きたいとき、赤で書きたいとき、青で書きたいとき、これらは同時にやってくる。一本で事足りる優れものだ。それに、高級感もあるし、書き心地もプラッチックの安物とは雲泥の差だ。

リフィルも4Cなのでどこでも手に入る。

マルチ機構はペンデュラム・グラビティシステムである。ものすごいネーミングであるが百均のマルチペンでも採用されている機構である。

残念ながら2012年に廃盤になっている。

 

さてさて、もともとこの商品はパーカーのオリジナルではなくロットリングがライセンスを売り渡したものらしい。だから、パーカーのライセンスが切れた今、ロットリングが復活している。ちなみに、わたしは使ったことがない。

 

 

さて、伊東屋からロメオ多機能ペンが出ているが、なんと、そっくりなのがモンテベルデから発売された。クリソツである。たぶんどこかのOEMだろう。

f:id:yoshinori-hoshi:20130128191132j:plain

f:id:yoshinori-hoshi:20170919180143j:plain

 

とくに、一番下、コッパーというピンクゴールドっぽいのが趣味だ。

モンテベルデは3,000円。真鍮製。非常に良心的である。

パーカー、ロットリング伊東屋、モンテベルデ、これらのマルチペンは全部同じに見えるのであるが、違うのだろうか?

 

 

ロメオ 多機能ペン 4in1 カーボングリップ【ブラック】 RM4-02

ロメオ 多機能ペン 4in1 カーボングリップ【ブラック】 RM4-02

 

 

「人生に、文学を」オープン講座 第6講 中村文則氏

www.youtube.com

 

氏の話で参考になる部分があった。自分の作品を読み返すとき、恰も敵が書いたものを読むようにするというのだ。

小説を書いたことがある人ならわかると思うが、自分の作品は可愛い。だから、読んだときに、ものすごく手心を加えて、好意的に読んでしまうのだ。あばたもえくぼ、といった具合である。

これでは、効果的に作品を手直しできない。だから氏は、作品を読み返すときに重箱の隅をつつくように、揚げ足を取るように、容赦なく読むらしい。わたしも早速採用して、わたしの大嫌いな人間が書いたものだという設定で読んでみると、みるみる作品にあらが出てくる。あらが出てくるどころか、駄目な作品にさえ思えてきた。

いま二作書いているのだが、これはこれで問題だ。

あと、氏の小説脳というのも面白い。常に小説のことを考えていると、脳が無意識で小説を構築する。わたしは苫米地理論を学んでいるのでその仕組みがよくわかる。

毎日コツコツがなぜ大事なのか。少ない時間でも毎日必ずコツコツやることによって、脳の無意識部分を使って並列的に様々なタスクをこなすことが出来るようになる。改めて、毎日コツコツの重要性を認識した。

 

 

R帝国

R帝国

 

 

 

私の消滅

私の消滅

 

 

 

www.youtube.com

 

 

グレインサイズの高め方

グレインサイズの高め方

 

 

「人生に、文学を」浅田次郎 陶淵明伝

www.youtube.com

 

この動画は面白い。シリーズで現在8講までアップされている。

浅田次郎は第5講。

浅田次郎はわたしが尊敬する現代の作家の一人だ。蒼穹の昴ではまった。プリズンホテルも最高。黒書院の六兵衛も好き。

今回は壬生義士伝陶淵明伝が課題図書。

どっちも読んだことがない。

とくに、陶淵明伝の方を浅田氏は熱く語っている。

早速amazonで購入した。

浅田氏は小説に必要な三要素を、面白いこと、美しいこと、わかりやすいこと、と言う。これは前から知っていたが、今回、利休の芸術を説明するのに、

オリジナル、ナチュラル、シンプル、という三要素を上げた。

利休の芸術を日本語で説明するとこんがらがるが、英語にするとわかりやすいという。

まさに小説は、面白く、美しく、わかりやすく、さらに、オリジナル、ナチュラル、シンプルであるべきなのかもしれない。

浅田氏が川端文学を絶賛する様子とか、絶対に観て損はない。

 

 

壬生義士伝 上 (文春文庫 あ 39-2)

壬生義士伝 上 (文春文庫 あ 39-2)

 

 

 

陶淵明伝 (中公文庫)

陶淵明伝 (中公文庫)

 

 

銀座の男市は10月4日からっぽい。

www.matsuya.com

 

ただ、ハガキ登録をしていると、一日前に入れたりするので、本当に4日かどうかはわからない。なぜかまだハガキが来ないのである。

 

毎回、行ったらなにを買おうかなぁ、などと考えるのが楽しい。ハリスツイードの良い柄はあるかなぁ、とか、カシミアのスーツにするかなぁとか、丸縫いはどんなのを揃えているかとか。

 

でも、今はベルトが欲しいんだよなぁ。編みベルト。ビームスにいいのがあったのだけれども。

 

 

銀座の男市関係の記事

銀座の男夏市にぶらりと行って、ぶらぶら商品を眺めていたら、丸縫いスーツを買っていた - Yoshinori Hoshi Official blog

松屋、銀座の男市に行ってきた。初日にだ。2017年5月11日 - Yoshinori Hoshi Official blog

松屋銀座の「銀座の男市」は12月13日からだ - Yoshinori Hoshi Official blog

銀座の男市2016年10月5日に行ってきた。 - Yoshinori Hoshi Official blog

銀座の男市 2016年5月 - Yoshinori Hoshi Official blog

松屋【「銀座の男」冬市】に行ってきた。イージーイージーオーダーとは - Yoshinori Hoshi Official blog

松屋 銀座の男市に行ってきた。初日にだ。 - Yoshinori Hoshi Official blog

 

 

バイヤー宮崎さんの御著書。

 

 

 

 

 

 

デイブ を観た。世界の人民は投資家マインドなのか

 

デーヴ [Blu-ray]

デーヴ [Blu-ray]

 

 

素人が政治家になって活躍する類いの映画である。しかし、この映画は役者よし、シナリオよし、非常にエンターテイメントに仕上がっている。決して社会派映画ではない。

こういう映画を観るたびに、素人政治家とプロフェッショナル政治家の差を思う。もちろん、映画なので細かい予算とかは荒唐無稽なのだろうが、外部からの思想とか、しきたりを知らないが故の突破力とか、そんな感じ。

橋本徹とかトランプとか、まさに外部からやってきて良いか悪いかは置いておいて、ガチャガチャにしていく。その痛快さ。国民は変わらぬ政治にうんざりしている。変われば何でも良いのである。まさに、市場が停滞しているのが一番腹立たしい投資家と同じ心情だ。市場は上がるか下がるか、それも激しければ激しいほど好ましいのである。

そんなことを考えると、今の国民というか、世界の人民は、みんな投資家マインドなのかもしれない。

 

似たような作品。

ホワイトハウス狂騒曲 [DVD]

ホワイトハウス狂騒曲 [DVD]

 

 

 

CHANGE DVD-BOX

CHANGE DVD-BOX

 

 

 

コマンド- を観た

 

 

最強のアクション映画だ。エンターテイメント映画に必要な全てが詰まっている。何回も観ているが、たまに観たくなる映画NO1。

 

一切容赦がない、一切躊躇しない、まさに戦闘マシーンである。これほど観ていてスカッとする映画はない。

 

このシーンで、一発で惚れた。

 

シュワちゃんの家に悪者が押しかけて娘を攫う。

シュワちゃんと交渉する一人が残っている。

その悪者がシュワちゃんに、


「My people got business with you.

If you want your kid back,

then you better cooperate.

Right?」(娘を助けたかったら協力しろ。わかったか?)

 

 

シュワちゃん

 「Wrong.」(わからん)

と言って悪者の額を撃ち抜くのである。

痺れるシーンだ。人間斯くありたいものである。

 

と、今これを書いていてふと気がついた。

このあとシュワちゃんは悪者を追いかけようと車に行くのだが、シュワちゃんの車は壊されていて動かない。だから、車を崖から落として追いかける。

 

だがまてよ? 悪者はシュワちゃんと交渉して協力させるつもりだった。だったら、あの悪者が帰るための車があったのではないか? それに乗って追っかけた方がよかったのではないだろうか。

 

緊急事態なので、そんな余裕はない、といえばないのかも知れないが。

 

 

 

 

対北制裁決議修正案 米なぜここまで配慮? の簡単な理由

headlines.yahoo.co.jp

 

アメリカと北朝鮮が闘って得をするのは日本や中国やロシア。そんなことは百も承知なので、アメリカは端から北朝鮮と戦争する気はない。仮に、北朝鮮が本当にICBMを完成させたり、グアムにミサイルが落ちちゃったりしたら別だが。

日本に取ってみても北朝鮮が、アメリカや韓国と戦ってくれるのは有り難い。むしろ、共倒れしてくれることを考えているかも知れない。

アメリカにしてみると、日本が北朝鮮を挑発するのは好ましくないと思っている。もし、北朝鮮と同盟国の間に戦端が開かれれば闘わざるを得ないからだ。

韓国からしてみると、北朝鮮は同じ言語を話す同じ民族。日本が東日本と西日本で別れてしまったようなもの。まえ、なにかで見たが、韓国で大統領に相応しいのは? というアンケートで金正恩が上位に食い込んでいたような。つぶし合いはすまい。

そう考えるとなかなか戦争は起きない。ただ、北朝鮮の内部的な問題を解決するために金正恩が戦争をおっぱじめるという可能性はある。

例えば、石油の全面禁輸を行えば金正恩体勢への不満が出る。国内世論が戦争に傾けば戦争をせざるを得なくなる。あれだけ我が国は無敵だ、と喧伝しているので、国民はその気になる。

とすると、今回のぬるい決議は金正恩を喜ばせる。正恩はアメリカに勝ったと国内に宣伝できる。これで、この場は丸く収まるとアメリカは考えた。どうせ、半年もしないうちに新たな火種が出来るだろうが。