Yoshinori Hoshi Official blog

小説家 星香典(ほしよしのり)のブログです。映画、ファッション(メンズフォーマル)、政治、人間関係など、思うところをほぼ毎日更新してます。

今週のお題「もしも魔法が使えたら」

今週のお題「もしも魔法が使えたら」

 

もしも魔法が使えたら、みんなの投稿が面白い。他人の回答が楽しめるお題は良いお題である。

さて、魔法と言っても色々なレベルがあって、ホイミが使えるのとザオリクが使えるのでは全然違う。

あまりに強い魔法を持ってしまうと、生活の前提が崩れる。例えば、世界中の箪笥預金から0.01%ずつを集める魔法。なんて使えたら、誰にも気づかれずに巨万の富を得ることが出来る。大盤振る舞いして税務署が来たら、税務署職員の記憶から都合良く自分が消える魔法を使えば良い。

富、権力、名誉、不老不死、魔法で全て叶えたとしても、幸せになれる気がしないのである。では、幸せになれる魔法、を使ったとしよう。あまり今と変わらないような気がするのだ。特段不幸ではないし。小説がもう少し売れれば幸せかなぁ。小説が売れる魔法を使うか。でも、魔法を使って小説が売れてもちっとも嬉しくない。では、面白い小説を書ける能力を得る魔法を使うか。やはり、嬉しくない。人間とは不思議な生き物である。

株や先物も、買ったポジションが全部常に爆上げしていたら、こんなつまらないものはないだろう。やはり、爆下げして泣きそうになることもあるから楽しいのだ。人生はSMなのだ。だから、もし幸せになれる魔法を掛けたら、いきなり苦難が降り注いできたりしてもおかしくない。例えば癌になったり。

さて、真面目な話、体にチップを埋め込んでプチ魔法使いになってる連中はすでに存在する。ナショナルジオグラフィックの四月号はネクストヒューマンだった。ピッツバーグ大学は脳からロボットアームを制御する技術を二〇一六年に開発しているし、RFID装置は1万個も出荷されている。自分で体内に埋め込むキットも販売されている。

その他にも人工網膜を埋め込めば、外部カメラの映像を視神経から脳に送ることが出来る。所謂エンハンスメントである。360度の映像を脳で認識することも可能になるかも知れない。

 

natgeo.nikkeibp.co.jp

 

急速に未来がやってくれば、魔法はもう魔法ではなくなるかも知れない。箒で空を飛ばなくても、一人乗りドローンがもう出来ている。テレパシーがなくても携帯電話がある。ホイミがなくても病院がある。

恐るべし、人類かな。

 

 

ナショナル ジオグラフィック日本版 2017年4月号 [雑誌]

ナショナル ジオグラフィック日本版 2017年4月号 [雑誌]

 

 

正解するカド 11話 を観た

 

 

 ネタバレ注意

 

もうワムとかサンサとかのナノミスハインとか、そんな機能は昨日の話でどうでも良くなってきてしまっている。サンサなんかわざわざ出さないで、その分話を掘り下げた方が良かったのでは。いや、真ん中に前半総集編を挟むくらいなので、出しとかないと話が持たなかったのか。それじゃ、SFというより大人の事情だ。

11話では真道がパワースーツを装着してヤハクイと闘いに行くという話になっている。話が急展開過ぎて、今までの話は何だったんだ? と唖然となる。

amazon評価なんか当てにならないという人がいるが、確かに、前半では高評価が付きまくっていた本作。しかし、話が進むにつれて低評価の嵐に。前半の評価に期待を寄せて観始めた人は激しく後悔しているのではなかろうか。

だが、まだ終わったわけではない。これらは全て伏線で、最後に大どんでん返しが待っていて、再び高評価が付き始める、などという天文学的な可能性も残されている。

プレミアムフライデーのアイスはお得なのか?

 
ソフトバンクの人は金曜になると、セブンイレブンでアイスがただでもらえたりする。
アイスの種類はセブンオリジナルの二百円くらいのアイス。ホットコーヒー。ガリガリ君だったと思う。
 
わたしは二百円のアイスをもらっている。一番お得だと思っているからだ。だが、ひょっとしたら、費用的にガリガリ君やホットコーヒーと同じなのでは? と疑った。
 
ガリガリ君は60円なので、店は50円で仕入れて、10円儲かるとする。7オリジナルはPBなので仕入れと言うより原価50円で、もうけが150円なのではなかろうか?ソフトバンクは減価分、仕入れ分だけを払うみたいな約束があったら、200円のアイスの大盤振る舞いは納得できる。
 
むかし、31のアイスがプレミアムフライデーで提供されていた。これも、アイスの原価が安いからではなかろうか、と邪推してみる。近年アイスの値段はうなぎ登りだ。限界まで値上げをするつもりではなかろうか?

アズーロ エ マローネ azzurro e marrone という言葉がある

 
直訳すれば青と茶である。マローネは栗色である。問題はアズーロで、空色、青、果ては紺まで幅広く使われている。カリブ海の青の洞窟はGrotta Azzurraという。結局、青っぽいものはアズーロでOKなのだろう。
 
「青と茶はよく合います」というよりも、「azzurro e marrone」と言った方が謎で詩的だ。ただ、紺と焦げ茶はド定番だし、放って置いても自然に紺のスーツに焦げ茶の靴は履いてしまうだろう。これをわざわざazzurro e marroneとは言わない。では、意識したazzurro e marroneはどういうものか。
 
azzurroはやはり碧色、空色、水色、青でも紺まで行かない青。ネイビーまで行かないブルー。それに茶を合わせてこそ「azzurro e marroneである」と誇れるのではなかろうか。
 
例えば、紺のスーツにサックスブルーのシャツにazzurroのネクタイ、ミディアムブラウンのシューズや鞄などどうだろうか?
 

今週のお題「晴れたらやりたいこと」

今週のお題「晴れたらやりたいこと」

 

今日は雨。明日も雨らしい。晴れたら靴を干したい。

諸賢も気をつけた方が良い。雨の日にレザーソールの靴を履いていて、そのまま下駄箱に入れた。一週間後くらいに靴底を見たら、白いカビがぼつりぼつりと生えていた。ブラシで落としてやったがあれは革に良くはないだろう。

 

今日も雨で、しかも、レザーソールを履いてしまった。かなりの土砂降りだったのでそうとう染みこんでいるはずだ。立てかけてソールを乾かしている。黴びなければ良いけれど。レザーソールの靴は可愛いからなぁ。

虐殺器官 を読んだ

 

虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)

虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)

 

 

近年最も有名なSF小説ではなかろうか。では、話の内容がSF的かというと、それほどSFSFしているわけではない。ガジェットも未来未来しているわけではなく、現在のテクノロジーの延長に、そう遠くない将来可能であるようなものだ。しかし、だからこそ、SF読者ではない人にも多く受け入れられたのだろう。

 

以下ネタバレ!

 

自らの心理描写と戦闘描写で話が進んでいく。物語的ではない。
話の本筋は、ジョンポールという言語学者が人々を虐殺においやる文法を駆使して後進国に内乱を起こし、先進国にテロが飛び火するのを阻止していた。しかし、後進国に内乱を起こしてばかりのジョンポールを殺害することになる。

だが、アメリカの特殊部隊はジョンポールを殺してしまう。ロード・オブ・ウォーを見たばかりなので、黒幕は合衆国大統領、とかかな、と期待したが、その期待は外れて、もっとパンクな結末が用意されていた。

なんと、虐殺の文法を操るジョンポールを殺そうと頑張っていた主人公の特殊部隊隊員が、ポールから文法を教わって、アメリカ国内で使ってしまうという落ち。おお、そう来たかと驚かされる。

戦闘描写は秀逸で、環境追随迷彩をまとった戦闘員が幽霊のように動く。被弾した迷彩の裂け目から肉や血が光る。この美しさは引用しないと伝えられないので、引用する。

環境追従迷彩で幽霊のようにおぼろな人影たち。鮮やかな紅い点がいくつも動いているのが見えた。傷口だ。断面だ。腕や足の切り株だ。炸裂点近くに立っていた二人の兵士それぞれの、脚が吹き飛んだり腕がなくなったりしているのだ。剥き出しになった断面が、迷彩の溶け込んだ背景の中でぴょんぴょんと血を噴出しながら踊っているのだ。

正解するカド10話 を観た

 

 

ネタバレ注意!

段々話がぶっ飛んできた割りには、なんとなく先が読めてしまう感じ。まさか、ヤハクイは改心して人類に地球をゆだねるような真似はするまいな。なんかそんないやな予感がとまらない。

せめて、複製された真藤とオリジナル真藤との間でいざこざくらい起こしてくれないと納得がいかない。

沙羅花が異方存在でした。で簡単に済む話か? 真藤も隣で寝てる裸の女よりも、もっと慌てなきゃならんことがあるだろうが、という感じ。

話が読めないし、話が良い方向へ行くとは思えない、モヤモヤした感覚。さてさて、どうなることやら。