Yoshinori Hoshi Official blog

小説家 星香典(ほしよしのり)のブログです。映画、ファッション(メンズフォーマル)、政治、人間関係など、思うところをほぼ毎日更新してます。

無防備力も、女子力なんだと思います。というコピーについて、わたしならこうする。編集

投稿してから気づいたが、この子の服がいろいろ語っている。

このコピーは写真と一体であり、その文脈を考えれば、こんなわかりやすい、というか露骨なコピーはないではないか。つまり、日本の再軍備化を牽制しているのだ。不気味な広告である。どうしてこんなもん吊っちゃったんだろ???

 

以下は投稿のまま。

f:id:yoshinori-hoshi:20180617070547p:plain

 

 

「無防備力も、女子力なんだと思います。」

という西日本鉄道のコピーが炎上している。  

理由は、現在幼い子どもが被害に遭うケースが頻発している、また車内での痴漢行為も多い中、警戒心や自衛力を高めなければならないのに、無防備であることを推奨するような広告は鉄道会社としてけしからん、という具合だ。

仮にそう思ったとしてもクレームを入れなければならないレベルかはともかく、クレームを入れられたからとヒョイと下げるとは情けなや。

しかし、実際、このコピーは、その程度のレベルのコピーなのだろう。聞けば100周年かなにかで、140枚もの写真とコピーを用意したらしい。

西日本鉄道は株式会社で上場企業なのだから、こんな分けのわからない事業をやるのはむしろ背任行為の様な気がする。株主からのクレームなら理解できる。

まず、このコピー、なにがまずいかといえば、意味がよくわからない、の一つに尽きるのではないだろうか。なぜ、無防備力が女子力なのだろうか? そのまま読めば、「犯罪者の気を引いて下さい」というふうに読める。西鉄広報課は「幼い頃の自分のように、肩に力の入っていない、無邪気で飾らない姿が本当の自分らしさかもしれない、とのコンセプトだった」とのことだが、そのメッセージは微塵も伝わってこない。

そもそも、無防備力ってなに? となる。新しい言葉である。この言葉は人口に膾炙するようになり、人々が理解する様になるのであろうか。女子力、とは女特有の魅力、力、といったところか。男子力という言葉は聞かない。原子力は有名だ。

 

こういうコピーだったら左系からしかクレームは来なかったはずなのに。

「集団的自衛力も、女子力なんだと思います。」

希薄になった人と人のつながりを再認識、困ったときはお互い様、共助の精神を謳っている。且つ政権におもねる感じでいいではないか。

政府も集団的自衛権などという文句はやめて、「助け合い権」に変えればクレームも減るのでは。中身はそうなんだから。

 

銀座の男 夏市 行ってきた! 2018年6月14日

 

 

f:id:yoshinori-hoshi:20180614164657j:plain

トレーニョのジャケットは素晴らしかった。クローゼットに余裕があれば間違いなく買っていた。シルク、麻、ウール混だ。

5000円のスラックスもよかった。サイズ、種類は少なかったが、3本試し履きしてみた。悪くはないのであるが、あまりぱっとしなかったのでこれもスルー。

丸縫いも3万円まで値下がりしていた。ただ、サイズがもうなかった。深緑のスーツとか見慣れない柄が残っていた。コートは見当たらなかった。

で、結局何を買ったかというとポケットチーフである。クールビズが蔓延している今もおしゃれな人は一定数いて、その人たちはチーフをちゃんと挿している。クールビズに汚染されたおかげで、義務でスーツを着ている人と好きで着ている人の境目が深く明瞭になった。

あと、パジャマを探していたら素晴らしいマグカップと出会ってしまって、パジャマはやめてカップを買った。

 

この時期になると毎年やる松屋の傘アート↓

f:id:yoshinori-hoshi:20180614164457j:plain

 

 

最近、文章表現系の書籍を渉猟している。シックスに入っている蔦屋は日本系の書籍が多数あるので覗いてみた。

 

結局、蔦屋にはなくて、三省堂まで歩いた。途中日本橋丸善に立ち寄ると、背広フェアをしていた。ゼニア日本縫製のスーツが10万円だ。生地は素晴らしいし、トラウザーズもワンプリーツだ。おすすめである。スーパーいくつだがしらないが、CEOの光沢だ。平社員が着ていたら目をつけられること間違いなし。

 

f:id:yoshinori-hoshi:20180614162127j:plain

 

↓銀座シックスの蔦屋にある不思議なアート。写真だとわかりづらいがめちゃでかいのです。

f:id:yoshinori-hoshi:20180614162605j:plain

 

しかし、平日昼間の銀座は中国である。中央通り、中国通りに改名した方がいい。

f:id:yoshinori-hoshi:20180614161821j:plain

麻のスーツをみんなで着よう!

先日、某パターンオーダーが出来る店(もちろん、いろいろな種類の麻を扱っている)に行って、麻のスーツでも作ろうかな、と定員に話したところ、定員が、
「麻でスーツですか? 麻のズボンなんてチクチクしてはけたもんじゃないし、しわしわになっちゃって大変ですよ。お勧めしませんね」
などと言う。
定員は麻のスーツを着たことがあるのだろうか? 麻がチクチクするなどというのは完全な誤解である。ランジェリーの語源はリネンである。
定員は麻と聞いてヘンプを想像したのではなかろうか?
麻には主に三種類あって、リネン、ラミー、ヘンプである。リネン製品はユニクロなどでも山のようにあるので触ってみるといい。チクチクするかどうか、下着を着ないで着てみれば一触瞭然である。
ラミーは小地谷縮などの麻だ。わたしは小地谷縮を愛用しているが、全くチクチクしない。ヘンプは綱引きなどの綱である。麻縄である。ヘンプの服は着たことがないのでわからないが、チクチクするのかも知れない。

洋服店の店員が全員洋服に詳しいわけでもないし、好きなわけでもない。博識な店員と話すのは勉強になるし、楽しいのだが、物事をよくわかっていない定員と話すのは実に疲れるし買う気が起きない。

私はもちろん麻のスーツを持っている。昔の日本人は麻のスーツを何着か持っていて、洗いながら着たという。麻がチクチクすると言うのは全くの偏見であるが、しわしわになるのは事実である。

麻の皺は着皺なので、デニムのアタリのようで格好いいのだが、スーツは皺にしないという見解が蔓延しているせいで、たまに皺を馬鹿にされる。

麻のスーツ。お勧めである。持ってない方は是非とも所有することをお勧めする。日本で麻のスーツを逸らそう!

またオメガが止まった。

オメガは珍しく正規品なので、ちゃんと時計屋に持って行って電池を入れ替えてもらったのに、二年も経たずして止まった。

時計は機械式に限る、とか言いつつも、忙しいときとか、面倒臭いときとか、ついついクオーツを付けてしまう。中でも一番のお気に入りはQ&Qで、軽いし時間は確かだし、嫌みにならないし、圧倒的に出番が多い。

 

 

オメガのデビルも薄くて気に入っていた。ただ、秒針がないので、たまに動いているか心配になることはある。

もはや電池を入れ替える気もしないのでさてさてどうしたものか。

新しい時計でも買おうか。

気になっているのは以下の通り。

 

 

これは格好いいがちょっと高い。クオーツにこの値段を払うのは躊躇われるが他にはない一品。

 

 

スカーゲンとベーリングはデザイナーが一緒。ベーリングのほうが素材がいいらしい。

[スカーゲン]SKAGEN 腕時計 KLASSIK SKW6082 メンズ 【正規輸入品】

[スカーゲン]SKAGEN 腕時計 KLASSIK SKW6082 メンズ 【正規輸入品】

 

 

 

 

 

どうせクオーツならこのくらい遊び心があった方がいいかも。これはワンハンドウォッチといって、一本の針が二十四時間で一周する。時間を大らかに使うにはもってこいだ。

 

「銀座の男」夏市は6月13日から21日

f:id:yoshinori-hoshi:20180610210800j:plain

f:id:yoshinori-hoshi:20180610210747j:plain

 

銀座の男市よりも、さらに安い夏市!

去年は夏市で丸縫いを買った。

もう一着二着夏物スーツが欲しいところであるが、置き場所がない。

ジャケットも欲しい。

困ったものだ。

コードレーンのジャケットを着ているやつを見ると、涼しそうで羨ましくなる。

丸縫いスーツももう少しルーズ目に作られているとありがたい。トラウザーズのプリーツはもはや入っているのがトレンドなのだから、時代遅れの「のーたっく」はとっとと売り切って欲しい。

しかし、定員ののーたっく推しは異様である。売りたいのはわかるが、小太りのおじさん定員が、私ものーたっくです、などとジャケットの裾をめくって見せてくれると、是が非でものーたっくは履きたくなくなる。のーたっくが駄目ないい見本ではないか。

のーたっく、細身スーツが見るに堪えるのは、贅肉のない若者が着た場合のみである。世の人はそこを勘違いしない方がいい。

八幡縁起 石川淳

 

紫苑物語 (講談社文芸文庫)

紫苑物語 (講談社文芸文庫)

 

 ↑の中に入っている。

 

10年くらい前に読んだのだろうか。目眩がするほどの作品だった。改めて読み返してみると、いろいろとあらが見えたが、それでも、この作品のパワーというか、雰囲気というか、八幡に持っていくところというか、非常に面白い。

下手をすると不敬罪に問われかねないし、今の時代なら自主規制の対象になるかもしれない。しかし、そういうのをうっちゃって書き上げ出版したというのは、この国のあの時代の懐の深さ、なんでもありを表している。おそらく、今の時代では出てこられないのではなかろうか。仮に出てきても、今の時代ならば単なる天皇家や神社を含む日本文化に対するヘイトでかたづけられてしまうのではないだろうか。

八幡縁起以外も面白いので、この文庫はガチで買いである。

 

真夜中のマリア 野坂昭如

 

 

野坂昭如リターンズ〈1〉真夜中のマリア・てろてろ

野坂昭如リターンズ〈1〉真夜中のマリア・てろてろ

 

 

面白いのか、シュールなだけなのか、わからないが、すごい作品であることは間違いない。

文学の勢いというか、文学でしか表現できない世界というものを遺憾なく発揮している。

特に性を書く。レズ、ホモ、ドラック、処女、オナニー、普段我々が上辺だけ語って通り過ぎるものを、深く追求している。コメディ調で。

こんな世界があるわけがないのであるが、ものすごくリアルに世界を想像できる、小説の骨のような部分を感じる。

野坂昭如というと蛍の墓と、テレビで暴れ回っているイメージなど、不思議な人間という印象を持っていた。この作品はそういう不思議な人間でないとかけない。