文学・文具・文化 趣味に死す!

小説家 星香典(ほしよしのり)のブログ。小説、映画、ファッション(メンズフォーマル)、政治、人間関係、食い物、酒、文具、ただの趣味をひたすら毎日更新し続けるだけのブログ。 

第161回の芥川賞レースが始まった

ここのところ忙しくて、なかなか19時に更新できない。更新できないどころか落としそうで怖い。あと三日で200日達成だというのに。

 

ということで、芥川賞レースが始まった。半年は早い。

どのくらい図書館でゲットできるか分からないけれど、早速借りてくる予定。

 

今回も社会学者がノミネート。前回は古市氏の作品を読めていないので、今回は読みたい。

 

直木賞は全員女性と言うことで注目されそうである。やっぱりこれは男女差別なのでクオーター制度など設けるべきだろう。

 

令和初「芥川賞・直木賞」候補作発表 芥川賞は古市憲寿が連続選出、直木賞6作はすべて女性作家:紀伊民報AGARA

 

第161回芥川龍之介賞 候補作(掲載誌)
今村夏子『むらさきのスカートの女』(小説トリッパー春号)
高山羽根子『カム・ギャザー・ラウンド・ピープル』(すばる五月号)
古市憲寿『百の夜は跳ねて』(新潮六月号)
古川真人『ラッコの家』(文學界一月号)
李琴峰『五つ数えれば三日月が』(文學界六月号)

 

ちなみに、160回はこんな感じ。

 

上田岳弘(うえだ たかひろ) ニムロッド 群像 12月号
鴻池留衣(こうのいけ るい) ジャップ・ン・ロール・ヒーロー 新潮 9月号
砂川文次(すなかわ ぶんじ) 戦場のレビヤタン 文學界 12月号
高山羽根子(たかやま はねこ) 居た場所 文藝 冬季号
古市憲寿ふるいち のりとし) 平成くん、さようなら 文學界 9月号
町屋良平(まちや りょうへい) 1R(いちらうんど)1分34秒 新潮 11月号

 

わたしが読んでいない二人が今回もノミネートされていると言うことか。

高山女史の作品も読んでみたい。

 

こっちは直木賞

第161回直木三十五賞 候補作(出版社)
朝倉かすみ『平場の月』(光文社)
大島真寿美『渦 妹背山女庭訓 魂結び』(文藝春秋
窪美澄『トリニティ』(新潮社)
澤田瞳子『落花』(中央公論社
原田マハ『美しき愚かものたちのタブロー』(文藝春秋
柚木麻子『マジカルグランマ』(朝日新聞出版)

 

 

 

ちなみに、前回はこんな予想をした。&作品の感想。

 

芥川賞が決まった。わたしの予想は半分当たった - 文学・文具・文化 趣味に死す!

 

戦場のレビヤタン 第160回 芥川賞候補作品 感想 レビュー - 文学・文具・文化 趣味に死す!

 

1R1分34秒 町屋良平 感想 レビュー 第160回芥川賞候補作品 - 文学・文具・文化 趣味に死す!

 

ニムロッド 上田岳弘 感想 レビュー 芥川賞候補作たち - 文学・文具・文化 趣味に死す!

 

ジャップ・ン・ロール・ヒーロー 鴻池留衣 感想 レビュー - 文学・文具・文化 趣味に死す!

 

 

 

第160回芥川賞受賞 ニムロッド

第160回芥川賞受賞 ニムロッド

 

 

ダイソーの原稿用紙が滅茶苦茶使える件

最近夏至に近づいているので日が長い。夜が短くなった気分だ。19時でも明るいというのはどうも落ち着かない。

 

さて、ダイソーの原稿用紙。10枚ほどつかってみたが、使える。実に使える。

 

書き心地もいいし、速乾性もある。

 

f:id:yoshinori-hoshi:20190614085127j:plain

 

ただ、つるつるなので鉛筆派にはちょっと向かないかも知れない。

 

f:id:yoshinori-hoshi:20190615065548j:plain

 

右から、山田製、満寿屋、ダイソー。ペンはモンブラン・デュマ。インクはミステリーブラック。

 

山田製は滲みまくる。すなわち、吸水性が高いのである。逆に、満寿屋は吸水性が低い。渋いフローのペンなどでは掠れる。そして、吸水性が低いので乾きにくく、急いで書いていると、未だ乾かざるところにまで右手が進んでしまって、原稿を汚してしまう。

 

あと、山田製の難点は滲みすぎてインクが貫通して、下の紙を汚してしまうのだ。重ねて書かなきゃいいじゃん、というかも知れないが、普通重ねて書くだろ。

 

ダイソーは山田製ほどは滲まず、満寿屋ほどははじかず、じつにちょうどいい。よっぽど同じところをぐりぐりやらない限りインクの貫通もない。しかも、値段も安い。108円で35枚。1枚3.08円である。

 

はっきり言って近年の原稿用紙は需要がないからだろうが高い。満寿屋は1000円100枚なので、石原慎太郎のように一晩で100枚書くと1000円かかる計算になる。確か山田製は100枚=700円だったような。

 

故に、ダイソーの原稿用紙、貴重なるかな。お勧めである。願わくは満寿屋のようなルビなしも欲しいところである。あと、セピア色も欲しいなぁ。

 

火曜 文具 神楽坂 山田製 原稿用紙 満寿屋との比較 - 文学・文具・文化 趣味に死す!

 

 

 

 

満寿屋 原稿用紙 A4 400字詰め ルビ有り No.107

満寿屋 原稿用紙 A4 400字詰め ルビ有り No.107

 

 

 

アピカ 原稿用紙 タテ書き400字詰 B4 100枚 GEN33

アピカ 原稿用紙 タテ書き400字詰 B4 100枚 GEN33

 

 

 

 

ライフ 原稿用紙 B4 白 C152

ライフ 原稿用紙 B4 白 C152

 

 

お吸い物を作った。

f:id:yoshinori-hoshi:20190615101227j:plain

 

鎌倉末期の時代小説を書いていて、そのなかにお吸い物が登場する。

 

お吸い物、どのくらい面倒臭いか作ってみた。

 

基本のすまし汁 作り方・レシピ | 料理・レシピ動画サービスのクラシル

↑このサイトのレシピを参照した。

 

まずは材料をそろえる。昆布、おかか、これがかなり高い。おそらく、4人前のお吸い物をつくるのに、出汁だけで100円ほどかかっているのではなかろうか。

 

まぁ、試しに作るのだから、ちょっとくらい高くても気にしない。

 

昆布と鰹を分量通り使うと、かなり美味いだし汁の完成。

 

だし汁に、醤油、塩、酒で味付け。

 

ここでふと気がついた。鎌倉時代、醤油ねぇんじゃね??

 

味はかなり美味い。味噌汁も美味いが、味噌汁の強烈さとは違った、透明な美味さが口に広がるのである。

 

椎茸の飾り包丁はかなり難しい。茹でるとふさがってしまうので、最初にもっと大きく切らなければならない。

 

わざわざ三つ葉も買ってきた甲斐があった。うますぎ!。

 

 

【お徳用】天然 日高昆布 500g

【お徳用】天然 日高昆布 500g

 

 

 

鰹節 かつお節 だし 出汁 厚削り 荒節 1kg×1袋 業務用 鹿児島産

鰹節 かつお節 だし 出汁 厚削り 荒節 1kg×1袋 業務用 鹿児島産