Yoshinori Hoshi Official blog

小説家 星香典(ほしよしのり)のブログです。映画、ファッション(メンズフォーマル)、政治、人間関係など、思うところをほぼ毎日更新してます。

笑うのは共産党 左翼大連合

一見すると共産党議席を減らすと出ている。しかし、本当だろうか? わたしは共産党はもっと強かな政党だと考える。

 

f:id:yoshinori-hoshi:20171019082439j:plain

 

今回の選挙の隠れたキーワードは野党共闘だ。そして、野党共闘を主導したのは共産党であり、実際に野党共闘のために候補を下げて、立憲、無所属の左派候補に選挙区を譲っているのも共産党である。共産党はしっかりと血と汗を流している。

さらに、ここからがすごい。立憲や無所属で党組織のない選挙区には、がっつりと市民連合を名乗る共産系が入り込んでいる。そこでは、民進党の地方議員や労組の出る幕はない。

面白い流れだな、と思ってみていたところにこのニュースだ。なんと、志位が首班指名で枝野を推すという。

www.zakzak.co.jp

 

実際に立憲民主党の候補者の演説では、「消費税凍結」「反アベ」「安保は違憲」だけでなく、「戦争反対」「平和憲法護る」とまさにイコール共産党と同じ主張をしている。

思い出して欲しい。前原がなぜ民進党をぶっ壊したか。前原は「共産党とは一緒に出来ない」と言って民進党をぶっ壊した。その前原と行動を共にしたものが希望の党へいき、行けなかったものが立憲民主党となった。最初から立憲民主は共産党新派なのだ。

顔ぶれを見ても、枝野、辻本、管、佐々木隆博など社会党系の左翼。わかりやすい。だから、野田や原口は立憲には入らず、無所属で出ている。

民主党民進党は左翼イデオロギーをオブラートに包みつつ、反政権票を集めていた。しかし、民進党はドレッシングのように分離して、希望系と左翼系にはっきりと分かれた。

野党共闘というのは不正確で、本来は左翼共闘である。だから、共産党立憲民主党を支持するという事態になった。自民系保守に対抗する分かりやすい構図だ。志位さんが言うように、共産党立憲民主党社民党が合流し新党なり合同会派を作る大義は十分ある。さらに、先細りになった左翼にとって、内ゲバをやっている余裕はない。選挙後の政界再編が楽しみである。

着物を買った

なんと、ここのところの寒さは12月中旬とのこと。もうオーバーコートを出してもいいかもしれない。今日は昼間はよく晴れて暖かかった。夜は寒かった。

作家はやはり着物でなくては駄目だろう。ということで、オフハウスで着物と帯を買ってきた。新品で買うと云万円もしてしまうが、オフハウスなら数千円だ。だが、この着物、何年タンスの中に入っていたか知らないが、防虫剤の臭いが染み込んでいた。今日はよく晴れていたので同居人に洗っておいてもらった。

そしたら、不思議なことに、防虫剤の臭いが余計強力になった。いまも、防虫剤の臭いを嗅ぎながらこれを書いている始末だ。なぜなのか。

わたしは着物に対して全く無知なので、本当は襦袢というものを着物の中に着なければいけないらしい。ちくちく痛い。今度買ってくるか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

涙くんさよならは真実ではあるが

涙くんさよならはいい歌である。

曲も歌詞もいい。

歌詞はこんな感じだ。

 

作詩 作曲 浜口庫之助

     涙くんさよなら さよなら涙くん
  また会う日まで
  君は僕の友達だ
  この世は悲しいことだらけ
  君なしではとても
  生きて行けそうもない
  だけど僕は恋をした
  素晴らしい恋なんだ
  だからしばらくは君と
  会わずに暮らせるだろう
  涙くんさよなら さよなら涙くん
  また会う日まで

 

 

これは真実である。この世は悲しいことばかりだし、涙なしには生きられない。

だけれども、素晴らしい恋をすると楽しくなって、涙なしでも生きていける。

その通りだと思う。

しかし、不倫が厳しくなった現在、この歌詞は既婚者に突き刺さる。つまり、既婚者は恋が禁止なので、涙と共に生きる以外ない、と現実を突きつけられるのだ。

ほんの少し前まで、不倫でとやかく言われることはなかった。飲酒運転でとやかく言われることもなかった。

立憲民主党の候補者が叫んでいた。

「いつから日本は、こんな息苦しい世の中になったんですか!?」

同感だ。多少の飲酒運転、つまらん不倫、モリカケ問題、こんなことくらいは許してやる寛容さが日本には必要なのかも知れない。

 

 

涙くんさよなら

涙くんさよなら

 

 

 

坂本九 Best Selection

坂本九 Best Selection

 

 

   

 

www.youtube.com

今日は終電

一本早いのになれると思ったのに、まさかの忘れ物で終電である。今電車を待っている。寒い。やってられない。

 

ホームから車の流れを見ているのですが、車なら終電を待ってる時間で帰れたわけで、一本逃したせいで、3倍近く時間がかかっている。寒い。

 

電車を待ってる間、ブログを書いたりしているから、有意義ではないこともないのだが、寒い、から早く帰りたい。鼻水でてくる。

人生谷あり谷あり

人生山あり谷ありであるが、今は谷である。

というか、人生って基本的に谷?

あまり山を感じない。一体いつが山だったのだろうか。

山はあったんだろうか?

谷と平地が繰り返される感じだ。

その平地こそが山なのだろうか。何でもないようなことが幸せなのだろうか。

 

わたしはかなり好き勝手なことをして生きているつもりであるが、それでも嫌なことをしなければならない。この世のしがらみというやつである。

 

小池はしがらみがないとか言っていたが、しがらみがない人間がいるとすれば、その人は仲間も友人もいないだろう。

出張で食うアイスはうまい

f:id:yoshinori-hoshi:20171012214851j:image

 

今出張先のホテルでmowを食べている。日本全国now は同じ味であるはずだ。それなのに出張先のホテルで食べるのは格別にうまい。

 

何度も書いているが、私はホテルにひとりでいるのが好きだ。人間1人になる時間が必要である。1人になって自分の今後や、世の中の無情をひたすら考える。アイスを食べながら。

 

考えだからといって、答えが見つかるわけではない。見つからない答えを、探し続ける。そうすると、人間というのはいかに不完全なものであるかがよくわかる。

 

相田みつをではないが、不完全でも良いと言うことがわかると、気が楽になる。地球と言う小さな星の中で、座席争いをしていることが馬鹿らしく思えてくる。

今日から出張 ソマティックマーカー

今日から出張である。出張のなにが好きかって、電車の中でゆっくり本がよめることだ。おしゃべり好きの同僚が隣に来ないことを祈る。

 

このブログは男市の時期が近くなるとアクセス数が伸びる。わたしは一週間連続100アクセス越えを目指して更新している。今週は久しぶりに一週間連続100アクセス越えを達成した。

 

人間ゆっくるする時間は必要で、とくにわたしのような怠け者には特に必要で、最近忙しすぎて色々嫌になってくる。忙しくても、好きなことならば苦にならないのだろうが、わたしの場合、一生懸命働けば働くほどマイナスとなってわたしに返ってくるという、普通あり得ない状況なのだ。

 

じゃ、一生懸命働かなければ良いじゃん、と思われるかも知れないが、そうすると、それはそれで評価が下がる。じゃ、一生懸命働けば評価が上がるのだから働けば? という感じだが全然気が乗らない。気が乗らないどころか体調まで崩れてくる。

 

内田樹は嫌な仕事をしていると蕁麻疹が出て物理的に出来なくなる、と言っていた。その感覚がよく分かるのだ。

 

www.youtube.com

 

身体に閉じ込められたトラウマ:ソマティック・エクスペリエンシングによる最新のトラウマ・ケア

身体に閉じ込められたトラウマ:ソマティック・エクスペリエンシングによる最新のトラウマ・ケア

 

 

 

街場の文体論 (文春文庫)

街場の文体論 (文春文庫)