文学・文具・文化 趣味に死す!

小説家 星香典(ほしよしのり)のブログ。小説、映画、ファッション(メンズフォーマル)、政治、人間関係、食い物、酒、文具、ただの趣味をひたすら毎日更新し続けるだけのブログ。 

かな書 木枯らしの地にも落とさぬ時雨かな

ペンの光 2017年1月号より

 

f:id:yoshinori-hoshi:20181211183317j:plain

 

 

向井去来の句である。

 

もともとは、

木枯らしの地まで落とさぬ時雨かな

 

であったが、芭蕉に添削されて、

地にも落とさぬ

に変わったという。

このサイトに詳しく書いてあった。

凩の地にもおとさぬしぐれ哉(去来): 古典・詩歌鑑賞(ときどき京都のことも)

 

地まで、だと時雨が縦方向にしか表現されていないが、

地にも、とすることで、時雨が空間を飛び回るイメージが与えられるという。

面白い指摘である。わたしも芭蕉に句を習いたくなった。

 

楷書で書くとこう。

ペンはモンブラン12

インクは色雫紺碧。紺碧と前回のuni-boll AIRの青、実によく似ている。

 

f:id:yoshinori-hoshi:20181211183338j:plain

 

 

 

俳諧の奉行 向井去来 (日本の作家27)

俳諧の奉行 向井去来 (日本の作家27)