文学・文具・文化 趣味に死す!

小説家 星香典(ほしよしのり)のブログ。小説、映画、ファッション(メンズフォーマル)、政治、人間関係、食い物、酒、文具、ただの趣味をひたすら毎日更新し続けるだけのブログ。 

晩春 小津安二郎 を観た

 

晩春

晩春

  • メディア: Prime Video
 

 

ちょっと観た映画が溜まっているので、三夜連続映画レビュー。

 

さて、この晩春。東京物語とキャストが同じである。

 

三谷幸喜も同じようなキャストを使うが、三谷の場合は役柄が毎回全然違う。

 

しかし、これは役柄も何となく似ていて、なんだか東京物語とオーバーラップしてしまう。

 

話の内容としては原節子が遅めの結婚をするという設定。しかし、原は父親が大好きでずっと父親と暮らしたいと願っている。こんな美人で気立てが良い娘がファザコンというのは、世の中の父親にとって夢であろう。

 

現実は、はやく出てってもらいたい娘が、親のすねをかじりまくる上に父親を邪険にする、そんな世の中である。

 

いわば、一種のおとぎ話みたいなものだ。

 

原節子はオーバーリアクション。笠智衆は台詞棒読み一本調子。そのアンバランスが観ていてオモロイ。