文学・文具・文化 趣味に死す!

小説家 星香典(ほしよしのり)のブログ。小説、映画、ファッション(メンズフォーマル)、政治、人間関係、食い物、酒、文具、ただの趣味をひたすら毎日更新し続けるだけのブログ。 

TENET テネット を映画館でimaxで観た

テネットを映画館でimax2300円払って観てきた。

 

音が大きかった。

 

内容であるが、過去に行って時間を遡ったり、過去に行って時間を順行したり、と要するに、よくわからなかった。

 

まぁ、過去に行って未来を変える、と言うのはありふれた話で新しくはない。この映画の新しいところは、リアルタイムで時間を遡るところだ。

 

主人公達は時間が進む感覚で時間を遡る。だから、主人公達の目には、まるでビデオテープのまきもどしのように見えるわけだ。人間が後ろ向きで歩いているわけである。

 

しかも、妙な扉をくぐると、逆行と順行が入れ替わるらしい。これもよくわからない。

 

つまり、

「この映画を1回観ただけで分かろうなどとは、おこがましいにも程がある」

ということだ。

 

でも、絶対に、深い映画なのだ。なぜなら、クリストファー・ノーラン監督の作品だからである。わからない、つまらない、というのはこちら側の能力が不足しているからに他ならない。

 

でも、ちょっと駆け足すぎである。25回もののドラマを2時間に詰めた感じ。

 

Amazonプライムになったら、解説を読みつつもう一度観るかもしれない。

 

 

 

 

あとimaxすげーすげーいうが、特になにがすごいかよくわからない。圧倒的な映像美、というが、わたしの視力が悪いせいかもしれない、普通だった。音が大きかった。もうちょっとボリュームを下げて欲しかった。

 

ちなみに映画館はガラ空きだったので、ど真ん中で観た。