文学・文具・文化 趣味に死す!

小説家 星香典(ほしよしのり)のブログ。小説、映画、ファッション(メンズフォーマル)、政治、人間関係、食い物、酒、文具、ただの趣味をひたすら毎日更新し続けるだけのブログ。 

智永 真草千字文

 

真草千字文 智永 (シリーズ書の古典)

真草千字文 智永 (シリーズ書の古典)

  • 発売日: 2019/01/07
  • メディア: 大型本
 

 

智永の真草千字文を全部書いた。真=楷書と草書が千文字ずつだから2千文字だ。

 

わたしが使ったのは宋拓なので、かなり字が潰れていたりして見にくい。

 

それはそれで、以外に知らない字や、知っている字でも書体がかなり変わっているものが多数あった。

 

ちょっと紹介する。まずは、知っている字だが書体が異なるもの。

 

f:id:yoshinori-hoshi:20200901233455j:plain

f:id:yoshinori-hoshi:20200901233458j:plain

f:id:yoshinori-hoshi:20200901233450j:plain

 

 

次に、見たことのない字。

f:id:yoshinori-hoshi:20200901233502j:plain

f:id:yoshinori-hoshi:20200903212337j:plain

f:id:yoshinori-hoshi:20200903213932j:plain

 

わけわかめである。

 

千字文は意味のない言葉がならんでいるのかと思いきや、道徳的なことも書かれているし、歴史の勉強にもなる。

 

ただ、一般的でない字が多い。千字文は日本に最初に輸入された漢字といわれるが、こんな漢字を輸入されて、当時の日本人も困ったのではあるまいか。