文学・文具・文化 趣味に死す!

小説家 星香典(ほしよしのり)のブログ。小説、映画、ファッション(メンズフォーマル)、政治、人間関係、食い物、酒、文具、ただの趣味をひたすら毎日更新し続けるだけのブログ。 

海辺の光景 安岡章太郎 を読んだ 感想 レビュー

 

海辺の光景 (新潮文庫)
 

 

 

戦後初期の作品である。しかし、古さなどは微塵もない。美しく、面白い作品。

 

内容は、ただ若年性?痴呆症になった母を精神病院に見舞いに行く話。

 

それだけなのに、家族の心情とか、社会の風潮とか、世間の空気とかを見事に描ききっている。

 

これぞ純文学というものである。そして、純文学がいかに面白いか、ひしひしと伝わってくる作品。

 

残念ながら、近年はこういう力強い純文学が失われて久しいかもしれない。芥川賞はぜひとも、こういう読者に迫り来るものある作品を発掘して欲しい。

 

つぎつぎと文芸誌が休刊廃刊するなか、母数が少ないから難しいかもしれないが。なら、年に一回でもいいのではなかろうか。