文学・文具・文化 趣味に死す!

小説家 星香典(ほしよしのり)のブログ。小説、映画、ファッション(メンズフォーマル)、政治、人間関係、食い物、酒、文具、ただの趣味をひたすら毎日更新し続けるだけのブログ。 

第163回 芥川賞候補作 三木三奈「アキちゃん」(文学界5月号) を読んだ。

 

文學界 (2020年5月号)

文學界 (2020年5月号)

  • 発売日: 2020/04/07
  • メディア: 雑誌
 

 

 

ネタバレあり

 

ネタバレしないとレビューのしようがないので、ネタばらしすると、アキちゃんという女の子は今流行りのLGBTで、生物学的には男であるが、精神的には女の子なのである。

 

主人公は小学5年生。アキちゃんは同じクラスだ。アキちゃんに主人公はいじめられる。といっても、それほど辛辣ないじめではなく、主人公もいじめられている割には仲良くしているのである。それでいて、嫌いだと連呼する。

 

わたし的にこの小説の読みどころは、主人公の心の醜さだと思う。近年はLGBT肯定の作品が多いが、この作品はアキちゃんを否定している。

 

主人公は6年の一学期に転校する。しかし、大学で小学校時代の友人と再会して、アキちゃんのその後を知ることになるのだ。

 

アキちゃんのその後を知った主人公が思う最後の1行がいい。実にいい。

 

これは受賞の可能性がある。まだ他の作品を読んでいないのでなんとも言えないが、万人受けする読みやすさはある。ただ、これもアキちゃんが実はLGBTだったというミステリー仕掛けが減点になるかもしれない。あと、前々回の受賞作「むらさきのスカートの女」と雰囲気がかぶるのも気になる。

 

 

【第161回 芥川賞受賞作】むらさきのスカートの女

【第161回 芥川賞受賞作】むらさきのスカートの女

  • 作者:今村夏子
  • 発売日: 2019/06/07
  • メディア: 単行本