文学・文具・文化 趣味に死す!

小説家 星香典(ほしよしのり)のブログ。小説、映画、ファッション(メンズフォーマル)、政治、人間関係、食い物、酒、文具、ただの趣味をひたすら毎日更新し続けるだけのブログ。 

バラクータ おっさん 工場の事務方

やはり、かっこいいオープンカーにはかっこいいドライビングジャケットであろう。

 

ドライビングジャケットと言えばバラクータである。

 

ちなみにバラクーダはニモのお母さんと兄弟を食べちゃう魚である。

f:id:yoshinori-hoshi:20200115124030j:plain



ラクータg9 名作である。

 

 

 

ビームスに行った。

あった。サイズもジャストサイズのバラクータg9

ただ、ビームスの別注で裏地が青のチェックだ。

ほれぼれ見ていたら店員さんが「ご試着なさいますか?」

 

試着だぁ?

わたしは買いに来たのだよ。

 

「あ、はい。ちょっと着てみようかな」

「じゃ、コートお預かりします。あと、ジャケットも」

 

わたしはコートとジャケットを脱ぐ。

この日わたしはミディアムグレーの背広。ネクタイは紺無地のマリネッラを絞めていた。シャツはレギュラーカラーの白無地である。

 

さっそくg9を羽織ってみた。恐ろしいほど違和感がない。まさに、

 

「いる! こういうおっさん!」

 

こういう格好をしたおっさんが町工場から、市役所から、昼休みにのそのそ出てくるのが想像できる。

すり切れたサンダルを履いていればパーフェクトだ。

 

「ちょっと、・・・ちょっとあれかな・・・」

絶句である。

店員も、

「あ・・・、下に着るものとかで、雰囲気変わりますから・・・」

 

フォローになってない。

 

似合わないのではない。似合いすぎているのだ。おっさんスタイルとしての完成度が高すぎて、鳥肌が立った。

 

つまり、わたしはおっさん以外の何者でもなかったのである。

そして、おっさんはバラクータが似合う。

 

結論。

 

わたしはまだ現実を受け入れられない。