文学・文具・文化 趣味に死す!

小説家 星香典(ほしよしのり)のブログ。小説、映画、ファッション(メンズフォーマル)、政治、人間関係、食い物、酒、文具、ただの趣味をひたすら毎日更新し続けるだけのブログ。 

松屋 銀座の男 冬市は12月12日から 背広が破けた さてさてどうするか

「銀座の男」冬市 - 催しもの情報 | 松屋銀座

 

ご覧の通り冬市が12日から18日の間に開催される。

市の売れ残りが、さらに値引きされて出されるのが冬市である。

 

わたしはもうクローゼットが一杯で新しい服が買えない。だが、この前背広が破けてしまった。

 

かれこれ10年以上着ているものだ。

背広の破れはこういったテンションのかかるところに出来やすい。今回はジャケットの脇である。

f:id:yoshinori-hoshi:20191207101840j:plain

 

拡大する。

f:id:yoshinori-hoshi:20191207101849j:plain

 

これくらいならば、ミシン差しで簡単に、といっても3,000円くらいで直せる。

 

 

これはトラウザーズのポケット脇が破けたもの。

f:id:yoshinori-hoshi:20190214121135j:plain

 

ミシン差しで直すとこんな感じ。

f:id:yoshinori-hoshi:20191207101640j:plain

 

ミシン差しとは裏から補強用の布を当てて、あとはミシンで滅多差しにする技法である。

 

このトラウザーズも10年ほどのものだったが、イージーオーダーで三つ揃えにしたし、ジレはほとんど着てなかったのでなおした。それに、この場所ならばジャケットで隠れるから目立たない。

 

さてさて。今回の破れはどうしたものか。もともとどこかのセールで買った。3万円もしなかったと思う。それを10年も着ているので充分着たとも言える。気に入っていないこともないが特別に気に入っているわけでもない。

 

さらに、この場所をミシン差しにすると目立つのではなかろうかという心配もある。

 

こいつを処分すれば1着分のスペースがクローゼットに生まれるのである。それに、左が破けたのだから、右だっていつ破れるかわからない。トラウザーズもそろそろ限界に来ている。

 

そんなとき、冬市が開催されるなんて……。決断を迫られている。