文学・文具・文化 趣味に死す!

小説家 星香典(ほしよしのり)のブログ。小説、映画、ファッション(メンズフォーマル)、政治、人間関係、食い物、酒、文具、ただの趣味をひたすら毎日更新し続けるだけのブログ。 

深夜特急1 沢木耕太郎 を読んだ 感想 レビュー

 

深夜特急1?香港・マカオ? (新潮文庫)

深夜特急1?香港・マカオ? (新潮文庫)

 

 

全部で6巻あるわけで、結構長い旅路である。

 

これは80年代の話だから、今とは大分違う。だから、面白いと言うところもあるだろうが、リアルタイムで読んだら、また違う熱さがあったに違いない。これを読んで旅に出る人がいたと聞いたが、その気持ちがよくわかる。

 

わたしは深夜特急というくらいのタイトルだから、電車で旅するのだと思っていた。しかし、この旅で電車はNGなのだ。乗り合いバスでデリーからロンドンまで行くというのが目的。

 

その途中でふらふらと寄り道をするのであるが、寄り道しすぎだろ! と突っ込みたくなる。とくに、マカオのカジノは長い。つまらなくはないのであるが、引っ張りすぎのような気がする。

 

当時の香港やマカオの様子がわかって面白い。さて、まだ旅は始まったばかり、デリーはおろか香港から出ていないのだ。ゆっくり続きを読もうと思う。これも簡単にブックオフで100円で手に入るのでお勧めである。