文学・文具・文化 趣味に死す!

小説家 星香典(ほしよしのり)のブログ。小説、映画、ファッション(メンズフォーマル)、政治、人間関係、食い物、酒、文具、ただの趣味をひたすら毎日更新し続けるだけのブログ。 

庭のおもは月もらぬまでなりにけりこずえに夏の影茂りつつ

ペンの光 2017年7月号より

 

f:id:yoshinori-hoshi:20190918160417j:plain

 

白河院の歌である。意味は、

 

庭の地面を照らしていた月の光も、届かないくらい草木が茂ってきた。木々に葉がたんまり付いてきた。

 

といったところか。

 

味わいは、草木が茂る様子を、夏の影、と詠んでいるところではないだろうか。本来、影は草木によって「庭のおも」に生じたものである。しかし、そこに影を見出さず、その影を生じさせている張本人こそを影と呼ぶ。このセンスはさすがである。

 

この歌はリコリスで記している。なかなか色と歌があっているような気がするのであるが。

 

リコリスの記事はこちら↓

ルビナート リコリス を入れてみた。 - 文学・文具・文化 趣味に死す!

 

楷書で書くとこうなる。

ペンはモンブランの146。146とリコリスもあっているような気がする。

 

f:id:yoshinori-hoshi:20190918160424j:plain

 

 

 

 

ルビナート ボトルインク 275 リコリス (東洋の香り)
 

 

 

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村