文学・文具・文化 趣味に死す!

小説家 星香典(ほしよしのり)のブログ。小説、映画、ファッション(メンズフォーマル)、政治、人間関係、食い物、酒、文具、ただの趣味をひたすら毎日更新し続けるだけのブログ。 

Luck-key を観た

 

LUCK-KEY/ラッキー(字幕版)
 

 

本作は先日紹介した鍵泥棒のメゾットのリメイク、というより、韓国版である。シナリオはおおむね同じであるが、組織に狙われている対象の設定が違い、それに伴いそれに関連する設定が変わってきている。

 

鍵泥棒のメソッドの感想はこちら↓

鍵泥棒のメソッド を観た - 文学・文具・文化 趣味に死す!

 

日本版でネタを知ってしまっているので、日本版で覚えたようなサスペンスは感じなかったが、それを差し引いても面白いと思った。

 

どっちの方が面白いかといわれると、難しく、どちらも面白かったし、若干異なるシナリオは、どちらも秀逸であると言える。

 

韓国映画は国内では人口の少なさから元が取れないので、最初からグローバルを見据えて作っている、というのは有名な話である。だからだろうか、日本映画特有の「間」というか、冗長はなくテンポよく進む。

 

わたし的には広末が演じたような不思議キャラは好きなのだが、ああいう漫画的表現は日本以外では理解されがたいのかも知れない。

 

鍵泥棒のメゾットの韓国版であることは間違えないのだが、どちらも見る価値がある。なにが違うのか。テイストが違うのである。だから、どちらも楽しむことが出来る。シナリオ的には日本の方が複雑に入り組んでいて面白い。しかし、物語の勢い、激流に乗って楽しむならば韓国版に軍配が上がるかも知れない。

 

日韓関係が悪化している中、なかなか韓国映画は薦めにくいが、原作が日本であるのでお許しいただきたい。政治的には重要なのかも知れないが、こういう日韓交流で素晴らしい作品が生まれていると思うと、関係悪化は残念に思う。

 

日本版はこちら。

鍵泥棒のメソッド

鍵泥棒のメソッド

 

 

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村