文学・文具・文化 趣味に死す!

小説家 星香典(ほしよしのり)のブログ。小説、映画、ファッション(メンズフォーマル)、政治、人間関係、食い物、酒、文具、ただの趣味をひたすら毎日更新し続けるだけのブログ。 

農口尚彦研究所を飲んだ HONJOZO

f:id:yoshinori-hoshi:20190807203030j:plain

f:id:yoshinori-hoshi:20190807203035j:plain

 

 

HONJOZOとのことで、本醸造だろうか。

 

農口尚彦研究所の酒は大概美味いが、これも滅茶苦茶美味かった。

 

最近は濃厚旨口が流行っているが、それは昔の淡麗辛口と対比してのことだ。

 

で、最近はその弊害が出てきて、べとべと、ぐだぐだ、味が濃いだけの不味い日本酒が跋扈している。はっきり言って味醂の方がまだ美味い、というものすらある。

 

本当の濃厚旨口とはどういうものか。甘いといっても、その甘さは野菜のような甘さであり、濃い中にも爽やかさが吹き抜ける、そういう酒である。この作品はまさに真の濃厚旨口ではなかろうか。

 

農口尚彦研究所の酒はちょっと高いけれども、それだけの価値のある酒である。