文学・文具・文化 趣味に死す!

小説家 星香典(ほしよしのり)のブログ。小説、映画、ファッション(メンズフォーマル)、政治、人間関係、食い物、酒、文具、ただの趣味をひたすら毎日更新し続けるだけのブログ。 

コーヒーの国

諸賢はコーヒーと聞いてどこの国を思い浮かべるだろうか。

 

ブラジル。オーソドックスである。コスタリカグアテマラ、南米はコーヒーの宝庫である。

 

エチオピアケニアザンビア、アフリカもコーヒーの栽培が盛んだ。

 

ハワイコナも美味い。ハワイはアメリカであるが。

 

または消費大国である、ルクセンブルクフィンランドなどの北欧を想像する方もいるかも知れない。

 

さて、東南アジアを想像した方はおられるだろうか?

 

マンデリンはインドネシアである。

実は、最近東南アジアの豆に嵌まっている。ミャンマー東ティモール、この変のがかなり美味いのだ。

 

東南アジアだから、妙にアジアっぽいと思う無かれ。その味わいは透き通り高貴ですらある。

 

しっかりとした苦みの中に、どことない仄かな柔らかさがあり、後味はさっぱりと、気持ちよく減衰する。

 

口に含んだときの香りも、複雑さとともに上品なたたずまいを崩すことはない。

 

もし、東南アジアだからと敬遠している方がおられれば、悪いことは言わない、一度試してみたらいいと思う。

 

 

 ↓わたしが飲んだコーヒーではないが、存在の証明という意味で貼り付けている。