文学・文具・文化 趣味に死す!

小説家 星香典(ほしよしのり)のブログ。小説、映画、ファッション(メンズフォーマル)、政治、人間関係、食い物、酒、文具、ただの趣味をひたすら毎日更新し続けるだけのブログ。 

おじさんを食った

諸賢はおじさんを食ったことがあるだろうか?

 

わたしはなかった。ゆえに、寿司屋のメニューに「おじさん」と書いてあるのを冗談だと思った。

 

最初は、「面白いから頼んでみなよ」てきなノリであったが、マクドナルドでスマイルを注文するほど若くもなく、本当におじさんが出てくる冗談だったら辟易するので、グーグルで「おじさん 魚」と検索して、現実におじさんという魚が存在することを知って、自信を持って「おじさん一枚」と注文するに至った。

 

これがおじさんである。wikiより。

オジサン - Wikipedia

f:id:yoshinori-hoshi:20190711122022j:plain

 

一応高級魚らしい。

 

これが出てきたおじさん。一見するとマグロっぽい。

f:id:yoshinori-hoshi:20190707185650j:plain

 

 

味はマグロとはほど遠い。そもそも歯ごたえが違う。コリコリしている。鯛みたいな感じだろうか。

 

そして、南国っぽい味がするのだ。

 

ぶっちゃけ、それほど美味いとも思わなかった。まずくはなかったが。

 

だいたい、ネーミングが食欲を失わせる。日本おじさん協会は、この魚を普及させたいのであれば、もう少しネーミングセンスを磨いた方がいい。

 

英語ではおじさんのようなヒメジ科をgoatfishと呼ぶらしい。山羊に似ているからとか。おじさんより山羊の方がまだいいか。

 

 

オジサンの描き方 (マンガ工房)

オジサンの描き方 (マンガ工房)