文学・文具・文化 趣味に死す!

小説家 星香典(ほしよしのり)のブログ。小説、映画、ファッション(メンズフォーマル)、政治、人間関係、食い物、酒、文具、ただの趣味をひたすら毎日更新し続けるだけのブログ。 

お題 わたしの好きな歌 チャックベリー

今週のお題「わたしの好きな歌」

 

今一番気に入って聞いているのはチャックベリーである。

チャックの曲はギターを手にした高校の頃から大好きでことあるごとに聞いている。

最近また嵌まりだして、ES335が欲しい今日この頃である。

チャックはバリトーン・スイッチがついた335とはちょっと違うモデルであるが、わたしはシンプルなのが欲しいので335がちょうどいい。

 

ただ、ギターは高い。なんでそんな値段がするのだと言うほど高い。まるで、高いことが所有欲を満たす目的ではないのかというほど高い。なので、買わない確率が高いが。

 

問題は歌である。チャックベリーの曲はつい最近とある余興でやらせてもらった。ギターはそれほど難しくないが、歌が難しい。なんて言ってるか分からない。スクリプトと照らし合わせて聞いても全然違うふうに聞こえる。なので、練習する時間も無かったしカタカナで起こして歌った。他の英語アーティストの場合そのようなことはないのであるが。

 

曲の魅力は単純なところである。ジャニビグーなどはたんなる12小節ブルースである。メイビリーンなどはほぼBフラットメジャーのコード一発である。

 

故に、単に演奏しただけでは面白くない。ヤクでラリッたみたいに歌って踊って弾かなければまさに単なる「12小節ブルース」であり、「Bフラットメジャーのコードが鳴ってる」だけ、である。

 

最近は芸能人の違法行為が問題になっているが、チャックに比べたらヒヨコどころか卵になる前のタンパク質だ。まず最初は自動車泥棒で捕まる。駐まってる車を盗んだんじゃない。拳銃を突きつけて強奪している。

 

次は14才のメキシコ人少女を連れ回して売春の強要。

 

金持ちになってからはしっかりと脱税。

 

ロックの創始者はやっぱり桁違いだ。

 

ただ、日本ではチャックベリーの名はそれほど知られていない。とくに、高齢者に知られていない。日本の高齢者は未だに演歌である。

 

チャックは2017年に死んだが、生きていれば92才である。大正15年生まれである。80くらいの爺さんが青春を送っていた頃、チャックはヒットを飛ばしているのである。

 

北島三郎よりちょうど10才年上である。もし、もう10年早く戦争に負けていれば、北島三郎がエレキを抱えてリズム&ブルースを歌っていた可能性は高い。

 

チャックの魅力はなんといっても歌とギターが渾然一体となって鳴り響いているところである。ギタリストでなければ絶対になし得ない境地である。歌のためにギターを弾いているのでもなければ、ギターのために歌っているのでもない。その調和が、絶妙な調べとして表出されるのである。

 

www.youtube.com

 

 

ベスト・オブ・チャック・ベリー

ベスト・オブ・チャック・ベリー

 

 

 

Johnny B Goode

Johnny B Goode