文学・文具・文化 趣味に死す!

小説家 星香典(ほしよしのり)のブログ。小説、映画、ファッション(メンズフォーマル)、政治、人間関係、食い物、酒、文具、ただの趣味をひたすら毎日更新し続けるだけのブログ。 

春たてば花とや見らむ白雪の かかれる枝にうぐひすぞなく かな書

ペンの光 2017年4月号より

 

f:id:yoshinori-hoshi:20190624201518j:plain

 

素性法師の歌。すじょう、ではない。そせい、と読む。

桓武天皇の孫。

 

立春が来て、世の中が春らしくなれば、枝にかかった雪も花のように見える。そこに、鶯がやってきて鳴いていれば、なおさら春の雰囲気である。

 

よく和歌では上の句で情景を歌い、下の句で心情を歌ったりするが、これが全部情景を歌っている。

 

この歌の醍醐味は、雪と鶯という冬と春のその境目、せめぎ合いであろう。実に風流である。

 

さて、楷書で書くとこうなる。

今回はガラスペンを使用。楷書の方は墨汁で書いている。墨汁+ガラスペンは非常に使い勝手がいい。墨汁で使える、金ペンの浸けペンが出ないだろうか。

f:id:yoshinori-hoshi:20190624202708j:plain

 

 

新版 古今和歌集 現代語訳付き (角川ソフィア文庫)

新版 古今和歌集 現代語訳付き (角川ソフィア文庫)