文学・文具・文化 趣味に死す!

小説家 星香典(ほしよしのり)のブログ。小説、映画、ファッション(メンズフォーマル)、政治、人間関係、食い物、酒、文具、ただの趣味をひたすら毎日更新し続けるだけのブログ。 

ミッション:インポッシブル フォールアウト 感想 レビュー

 

 

ネタバレ無し。安心して欲しい。

 

アクション映画なのであんまりネタは関係ないと思う。

 

Amazonのレビューにも、おバカな連中によるおバカなミスの応酬、みたいなことが書かれていたが、実際人間のやることなどは予想外のことばかりで、わたしてきにはこのシナリオが特別奇異には思わなかった。

 

ただ、CIA長官の無能なくせに利口ぶってる姿は滑稽に過ぎたが。

 

アクションは手に汗握る超絶なシーンの連続で、トム・クルーズの演技が冴える。

 

とても56才とは思えない卓越したアクション。でも、残念というか、見た目はやっぱり50代のオッサン。もうあと4年で定年である。

 

長官と話していても、どっちが上司?って感じ。

 

これからのMIはトムが始終跳ね回るのではなく、トムは司令官とかになって、ここぞというアクションで活躍した方がいいのではなかろうか。

 

普通、ヒーローものというのは、若いヒーローがオッサンをぶちのめすのがセオリーだと思うが、この作品は、オッサンが若者をぶちのめしている。少子高齢化社会ではこういうものの方が受けるのだろうか。

 

いずれにしろ、お勧め作品であることには違いない。