文学・文具・文化 趣味に死す!

小説家 星香典(ほしよしのり)のブログ。小説、映画、ファッション(メンズフォーマル)、政治、人間関係、食い物、酒、文具、ただの趣味をひたすら毎日更新し続けるだけのブログ。 

アサヒ富士山 ジャパニーズプレミアムエール を飲んでみた。

f:id:yoshinori-hoshi:20190507181300j:plain

アサヒのHPより転載。

ニュースリリース 2019年4月22日|アサヒビール

 

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 塩澤賢一)は、国産原料100%のプレミアムエール『アサヒ富士山』(缶350ml)を特別限定醸造し、全国のイオングループ(本社 千葉、社長 岡田 元也)の酒取扱店において、4月23日(火)より発売します。

 『アサヒ富士山』は、国産麦芽、国産ホップ、富士山の伏流水で育った米だけを厳選して使用した、国産原料100%のジャパニーズプレミアムエールです。

 醸造工程で使用する酵母には、華やかな香りが特長の上面発酵酵母を採用し、まろやかな口あたりをお楽しみいただけます。また、厳選した国産原料の個性を最大限引き出すことで、絹のようになめらかでやわらかい味わいを実現しました。

 パッケージは、“国産原料100%”と“富士山の伏流水で育った米100%使用”を訴求するとともに、商品名であり日本を象徴する名山の一つである富士山を配しました。さらに、黒を基調にした背景にゴールドで商品名を記載し、高級感を表現しました。

 本年は、改元による祝賀ムードやゴールデンウィークの10連休による家飲み需要の高まりが見込まれます。そのようなか、アサヒビールは、新たな価値・味わいを調査するテストマーケティングの一環としてイオン社との共同開発商品『アサヒ富士山』を新発売します。

 

普通ビールと言えば麦であるが、米が混ざっているらしい。どれくらい混ざっているかは書いていないが、おそらく大して混ざっていないと思う。

 

むかし、米で作ったビールなるものを飲んだことがあって、味も香りもあったもんじゃなかった。米だけでビールを造るのは、麦で日本酒を造るのと同じくらい無理があるのではなかろうか。

 

このアサヒ富士山は普通にビールの味がした。香る系ビールである。物珍しいので飲んでみたが、次は普通のビールでいい。やはりプレモルが美味い。

 

 

 アサヒ富士山はAmazonでも売っていなかった。イオンに行かねばだめだ。

 

アサヒ飲料 おいしい水 富士山 600ml×24本

アサヒ飲料 おいしい水 富士山 600ml×24本