文学・文具・文化 趣味に死す!

小説家 星香典(ほしよしのり)のブログ。小説、映画、ファッション(メンズフォーマル)、政治、人間関係、食い物、酒、文具、ただの趣味をひたすら毎日更新し続けるだけのブログ。 

ついに! KWZ INK IGターコイズを買った。

KWZ INK カウゼットインク IGターコイズ

IGとは iron gall の略。gallは没食子のこと。gallnutsなどというらしい。

いわゆる没食子インクである。古典インクである。

 

去年の12月にお店で色見本を見せてもらい、ずっと惚れていたインク。

 


つつつつついにゲット!

 

f:id:yoshinori-hoshi:20190501153827j:plain

f:id:yoshinori-hoshi:20190501153845j:plain

このインク、ポーランド製である。空輸されてくるわけで、気圧の変化にも耐えられるように、ぐるぐるにラッピングされている。

f:id:yoshinori-hoshi:20190501153916j:plain

 

f:id:yoshinori-hoshi:20190501154019j:plain

 

さっそく、伊東屋ノートに殴り書き。

 

f:id:yoshinori-hoshi:20190501160412j:plain

 

書いた瞬間はただのターコイズだ。だが、ここからがIGインクの本領発揮、みるみる色が変わってくる。そして、最後には鼠がかった青へと変わる。この変色後の色に嗟嘆がもれる。

 

書いてすぐ撮影。

f:id:yoshinori-hoshi:20190501160443j:plain

 

五分おいたもの。五分もすればもう充分変色して、それ以上変わる様子はない。

f:id:yoshinori-hoshi:20190501163201j:plain



 

左が書いた直後。右が5分ほどおいたもの。紙は満寿屋の原稿用紙。

f:id:yoshinori-hoshi:20190508082801j:plain

 

 

時間がたてば両方ともこの通りである。

f:id:yoshinori-hoshi:20190508114123j:plain

 

 

さて、古典インクを試すにあたって避けては通れない儀式がある。染料インクと古典インクの違いがもっとも顕著にあらわれること。水漬けである。

 

別の投稿でちゃんと載せるが、これがKWZインクIGターコイズで書いたもの。

f:id:yoshinori-hoshi:20190508114408j:plain

 

こっちはモンブラン、ミステリーブラックである。

f:id:yoshinori-hoshi:20190508114504j:plain

 

さてさて、この両者を水につけると…………

 

f:id:yoshinori-hoshi:20190508114817j:plain

 

 

ななななんと! 両方流れた……と思いきやっ!

 

 

f:id:yoshinori-hoshi:20190508114845j:plain



IGターコイズの方は文字をとどめた。

で、このあと、しばらく漬けておき、干して完全に乾かした物がこちら。

 

f:id:yoshinori-hoshi:20190509084811j:plain

 

IGターコイズは読めるが、モンブランの方は読めない。なにかが書いてあったことは辛うじて分かるが、判読不能である。

 

興味深いのは、この写真を見て欲しい。

f:id:yoshinori-hoshi:20190509084849j:plain

残った文字は青味が失われているのが分かるだろうか?

 

あくまで、わたしの予想だが、IGインクは染料と顔料が混ざってできているのではなかろうか。つまり、青は染料であり、その他に顔料が入っている。顔料部分が黒ずむために、それに混ざっている青も黒ずんで見えてくる、というからくりのような気がする。

 

セーラーの青墨ではこういう現象は起こらなかった。

青墨の耐水性は素晴らしい! - 文学・文具・文化 趣味に死す!

 

いずれにしろ、IGターコイズ、至高の色にして、面白いインクであることには違いない。

 

 ターコイズの他にもいろいろなIGインクがある。

 

 

 

 

 

今回撮影で使ったのはこちら。記事はこちら。

撮影ボックス 40cm 2019年最新版 70灯 を買った。 - 文学・文具・文化 趣味に死す!