文学・文具・文化 趣味に死す!

小説家 星香典(ほしよしのり)のブログ。小説、映画、ファッション(メンズフォーマル)、政治、人間関係、食い物、酒、文具、ただの趣味をひたすら毎日更新し続けるだけのブログ。 

ローソン無人化について思うこと

ローソン 完全無人化実験へ | 2019/3/29(金) 17:23 - Yahoo!ニュース

 

ローソン無人化のニュースが流れた。

遅かれ早かれ、コンビニや商店は無人化になるであろう。

 

昔、日立か三菱が自動ドアを東南アジアの後進国に売りにいった。「自動ドアを設置すればドアマンの人件費を削減できます」しかし、全く売れなかった。

 

という話を思い出した。後進国では自動ドアの設置費用やランニングコストよりも。人間に開閉させた方が安く上がるから、とのことであった。

 

コンビニが無人になり、タクシー運転手がいなくなり、銀行員がいなくなる。塾などもいまはネット録画授業の方がいいらしい。喩え居眠りしても巻き戻せるから。しかも一流の先生に教われる。

 

すると、人はなんの仕事をするのだろうか? おそらく、給料はどんどん低くなるので、購買力も無くなりコンビニで買い物もできなくなるのではなかろうか。

 

すると、人件費はますます安くなって、無人コンビニのシステムを入れるよりも、人を普通に雇った方が安くなるかも知れない。

 

タクシーも無人タクシーより人を雇った方が安く上がるかも知れない。

 

わたしはAIが世界に進出してくるのはユートピアではなくデストピアだと考えている。だが、この流れは止まることはないので、われわれは覚悟してデストピアを生きなければなるまい。