文学・文具・文化 趣味に死す!

小説家 星香典(ほしよしのり)のブログ。小説、映画、ファッション(メンズフォーマル)、政治、人間関係、食い物、酒、文具、ただの趣味をひたすら毎日更新し続けるだけのブログ。 

着物を洗う 着物を着るメリット

日本の着物文化が廃れたことのひとつに、着物に対して気を遣いすぎているのではないかと思う。もっと気軽に着ていいはずだ。

 

洋服に種類があるように、着物にも色々種類がある。たとえば、スーツのようにビシッと着なければならいもの。部屋着のように好き勝手着ていいもの。

 

よく、部屋着としてだらしないジャージを着ている人がいる。あれでいいのだ。あの感覚で着物を着ればいいのだ。べつに、式典に出るわけではないのだから。

 

はっきり言って、中古の着物は滅茶苦茶安い。笑えるくらい安い。比較の対象に相応しくないのは百も承知で言うが、ユニクロより安いのではなかろうか。洒落で買って洒落で着てみて欲しい。そうすれば、着物がいかに楽な服であるか分かるはずである。

 

ただ、いろいろな着物を買ってみて分かったのであるが、絶対に長襦袢は正絹を選ぶべきである。着物は正絹でも綿でも麻でもなんでもいいと思う。長襦袢は肌に触れる。正絹の着心地は格別である。

 

着物はウール以外がいいと思う。ウールの着物は嫌ですぐに友人にあげてしまった。

 

家でくつろぐとき、わたしは着物が一番楽である。そんな着物は暫く着て汚れたら、洗濯機でザクザク洗う。洗剤も普通の洗剤。洗い方も標準。

f:id:yoshinori-hoshi:20190222125708j:plain

 

 

こんな感じで干す。ハンガーで干すと、方の部分に重みがかかってよれてしまうので、物干し竿に腕を貫通させて干す。

 

f:id:yoshinori-hoshi:20190222143825j:plain

 

着物は洗うと縮む。こんな感じ。

f:id:yoshinori-hoshi:20190222143841j:plain

 

べつにこのまま着ても良いのであるが、気になるならアイロンを掛ける。そうすればなんとなく治る。完璧にかけようと思うと面倒臭い。

 

f:id:yoshinori-hoshi:20190223215307j:plain

 

 

着物を着る効能をいくつかあげる。

 

1.楽である。バスローブみたいなものなので当たり前と言えば当たり前だ。

2.意外に暖かい。ダウンまでとは行かないが、今日くらいの陽気なら襦袢と着物でストーブが要らないくらい。

 

じゃ、夏はどうか。麻の単衣も持っているが、やはり夏は暑い。シャツと短パンには叶わない。江戸時代の庶民は、夏は裸でいたらしい。

 

3.時代劇の動き方の合理性が理解できる。例えば、立ち小便するとき、大きくまたを開く。ああしないと裾に係るのである。あと、冬、襟を立てて小股で歩く。あれは大股で歩くと風が入ってきて寒いからだ。etcetc。

 

4.なんとなく文豪になった気がする。(これはわたしだけか)

 

5.日本の文化を守ってるような気になる。(これもわたしだけか)

6.お祭りなどで微妙に目立つ。

7.洋服と和服の思想の違いが分かる。

 

と思いつくのをパッとあげてみたが、もっとあるはずだ。

 

わたしがたまに買っている安い着物屋のリンクを張る。ここは昔送料無料だったので、1000円くらいのものをちょくちょく買っていた。

 

https://www.net-shinei.co.jp/

 

このなかのアンティーク着物がお勧めだ。着用できない、と書いてあって、中にはボロボロで本当に着られないのもあるが、だいたい着られる。

 

 

完全保存版 男を上げる「着物」読本

完全保存版 男を上げる「着物」読本

  • 作者: プレジデント社
  • 出版社/メーカー: プレジデント社
  • 発売日: 2017/03/24
  • メディア: オンデマンド (ペーパーバック)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

最新版 男のきもの着付け・着こなし入門

最新版 男のきもの着付け・着こなし入門