文学・文具・文化 趣味に死す!

小説家 星香典(ほしよしのり)のブログ。小説、映画、ファッション(メンズフォーマル)、政治、人間関係、食い物、酒、文具、ただの趣味をひたすら毎日更新し続けるだけのブログ。 

かな書 苔の上ひとつひとつの散り紅葉

ペンの光 2016年12月号より

 

f:id:yoshinori-hoshi:20190124111637j:plain

 

 

いい句である。苔の上にもみじが散っている様がよく浮かぶ。

 

長谷川素逝の句である。高浜虚子の弟子である。

虚子の息子の高浜年尾に、似たような句がある。

 

苔の上に掃き寄せてある散紅葉

 

ちょっと散文的かな。

 

もちろん、そんな詳しいことは分からないが、ひとつひとつの、の方は、苔がむしている巌の上に、紅葉が散っている、そういう渓流のような大自然を連想させる。庭の日陰に生えちゃった苔では風流ではない。

 

まぁ、そんなことはさておき、この写真を見て欲しい。

 

f:id:yoshinori-hoshi:20190124111705j:plain

 

 

じゃじゃーん!!! なんとデュマを手に入れてしまった。

サンタが持ってきたのだ。わたしは普段からよい子にしているから。

満を持してデュマのレポートを書こうと思っているのであるが、なかなか筆が進まぬ。というのも、このデュマ、めちゃくちゃフローが渋い。使えないレベル。

 

切り割りを開いたり、インクを変えたり、いま色々試行錯誤している。っていうか、これ、中古のくせにほとんど使われていない。使っていない万年筆は正直半製品である。

もうちょっと使えば、最高になるかな、なってくれよ、と願う今日この頃なり。

 

 長谷川素逝は砲車という戦争を詠んだ面白い句集がある。俳句と戦争、って、とっても食べ合わせが悪いのだが、どうして、これが面白いのである。

 

砲車

砲車