文学・文具・文化 趣味に死す!

小説家 星香典(ほしよしのり)のブログ。小説、映画、ファッション(メンズフォーマル)、政治、人間関係、食い物、酒、文具、ただの趣味をひたすら毎日更新し続けるだけのブログ。 

アーガイル柄の靴下

スコットランドは地球の一地方で片隅であるにも係わらず、タータンチェックとかアーガイル柄とか、人類普遍の模様をいろいろ生み出している。

 

この時期、早朝、外で二時間くらい突っ立っていると、足の指が寒さでヒリヒリと痛くなる。それを克服するには、靴下の二枚履きや靴下ホッカイロなどの手もあるのだが、ちょっと厚めの靴下を買ってみた。

 

f:id:yoshinori-hoshi:20190118075100j:plain

 

なんにしようか迷った挙げ句、アーガイル柄を選んだ次第である。本来、アーガイルを編むのは大変だという。これは一足250円弱の品なので、そういう大変さはないだろうが。

 

紳士のたしなみとして、靴下はホーズでなければならないのであるが、この分厚さでホーズを作ったら、さすがにうっとうしい。

 

履き心地も悪くなかった。人工繊維なので耐久性もそこそこあると思う。ただ、ゴムが伸びないか心配。

 

写真で分かるように、アーガイル柄の部分は随分糸が飛び出していて、ちょっと引っかかったりする。

 

カジュアルなツイードのスーツなどに合わせて履いている。なかなか気に入っている。

 

 

 

 

 

(シップス) SHIPS アーガイル クルーソックス(靴下)

(シップス) SHIPS アーガイル クルーソックス(靴下)