文学・文具・文化 趣味に死す!

小説家 星香典(ほしよしのり)のブログ。小説、映画、ファッション(メンズフォーマル)、政治、人間関係、食い物、酒、文具、ただの趣味をひたすら毎日更新し続けるだけのブログ。 

かな書 海ひかり麦の穂ひとつづつ光る 伊東屋で買った鉛筆

ペンの光 2015年九月号

 

f:id:yoshinori-hoshi:20190111104346j:plain

 

海ひかり麦の穂ひとつづつ光る

 

と書いてある。

詠み人は水野淡生。

ググったがあまり情報がなかった。

 

先日、渋谷の伊東屋に行ったと書いたが、なにを買ったかと言えば、メモノートと鉛筆である。九歳児が鉛筆を使っていて、その鉛筆を削ってやっていたら、唐突に鉛筆が欲しくなってしまった。

 

昔はファーバーカステルとかステッドラーとか粋がって舶来品を使っていた。

 

で、久しぶりにいい鉛筆が使いたくなって、伊東屋でいろいろ試し書きをした。

 

やはり、ファーバーカステルの鉛筆はいい。ぬらぬら感がたまらない。

三菱も高級ラインは質感がいい。

海外勢はファーバーカステル以外で魅力的な鉛筆が見つからなかった。無駄に高いだけだ。

 

結局、わたしが選んだのはこれ。

f:id:yoshinori-hoshi:20190110191422j:plain

f:id:yoshinori-hoshi:20190110191449j:plain

f:id:yoshinori-hoshi:20190110191917j:plain

 

トンボ モノ100 2B である。

トンボの宣伝を引用する。

 

「1967年にトンボ鉛筆創立55周年を記念して発売された最高級鉛筆「モノ100」。芯粒子の細かさが「1ミリ立方に100億個」にまで高められ、「モノ100」と名付けられました。
現在もトンボの鉛筆ラインナップの中で最高級の鉛筆です。」

 

モノ100 | 株式会社 トンボ鉛筆

 

そう。最高級鉛筆なのである。

諸賢も最高級鉛筆、是非使ってみてはいかがだろうか。

九歳児が使っているスミッコグラシが印刷されている鉛筆は86円であるが、この最高級鉛筆は、そのお値段、一本なんと……

 

 

140円!!

 

 

と、実はそんなに高くない。

ちなみに、ファーバーカステル一本240円也。

 

楷書で書くとこんな感じ。もちろん、モノ100使用。

 

f:id:yoshinori-hoshi:20190111104403j:plain