文学・文具・文化 趣味に死す!

小説家 星香典(ほしよしのり)のブログ。小説、映画、ファッション(メンズフォーマル)、政治、人間関係、食い物、酒、文具、ただの趣味をひたすら毎日更新し続けるだけのブログ。 

映画 偽りの忠誠 ナチスが愛した女 感想 レビュー

 

 

 原題は「The Exception」邦題もどちらもぱっとしないタイトルである。

中身もぱっとしない。

 

以下ネタバレ

 

オランダに亡命したドイツ皇帝を暗殺しようとして、イギリスの女スパイが送り込まれた。だが、このスパイ。スパイと言うより一般人である。普通にナチスドイツの将校と恋仲になってしうまし、暗殺目的の皇帝のことも好きになってしまう。

さらに、ナチス将校も女に惚れてしまって全くナチス的でない。なんのためのナチスだよ、と言いたくなる。

設定は面白いと思う。暗殺者が敵の将校と恋仲になる。魅力的だ。しかし、暗殺者が暗殺者っぽくなく、敵将校も恋によって変節わけでもない。見事に設定が台無しになっている。

どうせなら、ちゃんと暗殺を果たして、抜き差しならぬ状況まで登場人物たちを追い詰めて欲しい。

だって、ナチスの将校なんか、女を逃がすために仲間を二人射殺して、で、のうのうとベルリンに戻ってナチスの仕事をしている。人格障害である。

わけわかめ